PDFを分割出来るフリーソフト「CubePDF Utility」|ダウンロード・インストール、使い方のまとめ

cubePDF Utilityの画像 無料ソフト

PDFを簡単に分割できる「CubePDF Utility」。

PDFを読みこんで分割したいページを選んで抽出し、別ファイル名で保存する事でPDFが分割出来る。

「CubePDF Utility」ですが、とても使えるソフトだと最近知りました。

使用しているPCに既にインストールされていたのですが一回も使った事がなかった。

CubePDF Utilityのアイコンはよく目にしていたのですが、使い方がわからないと言う理由から触ることはありませんでした。

上司から「ubePDF Utilityは使えるソフトだよ。」と言われたことがきっかけになり、不慣れながら使い始めたところです。

PDFのページ分割、ページ抽出、ページ削除、ページ追加、ページ並び替えと機能が豊富なのに使わないのは勿体ないですよね。

特にページ抽出をするのが簡単に出来るので、ここぞという時に力を発揮してくれます。

PDFを分割したり結合したりするフリーソフト。

何でもこなせる優れたソフトはすくないとおもいます現状では見当たりません。

それぞれが得意な面、不得意な面を持っていて結合ならこのソフト、しおり作成ならこのソフトといった具合に、その場面で最適なソフトを使用するというのが賢い使い方になります。

「CubePDF Utility」のダウンロード

「CubePDF Utility」の公式サイトからダウンロードできます。
「CubePDF Utility」のサイト

CubePDF Utility 公式サイト

「CubePDF Utility」のインストール

ダウンロードしたcubepdf-utility-0.6.3b-x64.exeをダブルクリックします。

使用許諾契約書の同意の画面が現れます。同意にチェックを入れて次へボタンを押します。
cubepdf-utilityのインストール

追加タスクの選択画面になります。私の場合、そのままで次へボタンを押しました。
cubepdf-utilityのインストール

インストール準備完了の画面になるのでインストールボタンを押します。
cubepdf-utilityのインストール

セットアップ開始しますので、処理が終わるのを待ちます。
セットアップ中の画面

セットアップ完了の画面になりますので、完了ボタンを押して完了します。
cubepdf-utilityのインストール

以上でインストールは完了です。

「CubePDF Utility」の使い方

ページ分割、ページ抽出、ページ削除、ページ追加、ページ並び替えと多機能です。
それぞれの操作方法を紹介したいと思います。

全ての操作時に共通して言える事として、サムネイル表示された絵柄内の文字が潰れて判読できない場合もありますので、予め削除や抽出の対象となるページを憶えておくといいでしょう。

PDFの分割

「CubePDF Utility」でサムネイル表示さえるのですが、絵柄で判断するのは難しいので、分割したいページを前もって憶えておくと作業がスムーズになります。

PDFのページ抽出

抽出したいページが含まれるPDFファイルを開きます。各ページのサムネイルが表示されます。サムネイルの下側にある数字はページ数です。
PDFのページ抽出

抽出するページを選んで、メニューの抽出ボタンをクリックします。
PDFのページ抽出

任意のファイル名を付けて保存すると。単一ページが抽出できました。
ファイル名を付けて保存

PDFのページ削除

PDFを結合したはいいけど、ファイル選択ミスで余分なページまで結合してしまった時などに役立つ機能です。

ファイルを開きます。
PDFのページ削除

削除したいページを選び、メニューの削除ボタンを押します。
PDFのページ削除

選んだページのサムネイル表示が無くなります。

任意の名前を付けてファイルを保存すれば、ページが削除されたPDFファイルが出来上がります。

PDFのページ並び替え

執筆中です、少しお待ちください。

PDFのページ追加

執筆中です、少しお待ちください。

追加したページにしおりが追加されない事が、不満です。

方法がないかを探してみます。

まとめ

時間に追われるタイトなスケジュールで20ページほどのPDFデータの個々のページの差分データが欲しいという要求があり、PDF結合には『ConcatPDF』というソフトを常用していてページ削除も何とかならないものか?と試してみた結果。

ピンポイントで狙ったページだけを削除する機能は備わっておらずページ数分の個々のページ作成までは出来るけど求めているページ削除を満たせない事がわかり。

他に良い方法はないものかと?とググってみたのですが、実務の中で時間がないという事もあり見つける事ができません。

そんな時、上司が言った『Cube PDF』は使えるという言葉が頭をよぎったのです。

印刷時には『Cube PDF』を利用して、PC内にインストールされていてアイコンは見かけているけど使った事の無い『CubePDF Utility』はどうなんだろう?と考えたのです。

結果、この思い付きが正解だと後で気付くのですが、こんなに使えるソフトが前々からインストールされていたのに活用していない自分がいたことに唖然としています

『CubePDF Utility』をダブルクリックして立ち上げると見慣れないアイコンの中からそれらしい機能名を選んで、予備知識不要で直感的に何となく使えてしまう。

試行錯誤はありましたが、無事に部分パージを削除することが出来、何とか20ページに及ぶPDFの差分データをターゲットページだけを差し替える方法で準備する事が出来ました。

使用していて気付いたのですが、ページ分割の方法も一括分割と選んだページのみを個々のページとして抽出出来たりとして、あったらいいなと思える機能が装備されています。

任意の箇所へのページの追加も出来ます。
無料ソフトでここまでで出来るなんて凄い!と感心しますね。

全ての機能を使い切ったわけでも無いのですが、ごく一部の機能を使っただけなのですが『CubePDF Utility』は使えると思います。

他にも便利な機能がわかりましたら、随時発信していきたいと思います。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました