新型コロナウイルスワクチン接種日が確定すると不安感が湧いてくる

新型コロナウイルスワクチン接種 新型コロナウイルス

職域接種で1回目の新型コロナウイルスワクチンを接種しました。

懸念していた副反応はワクチンを打った左腕の上腕部全体が痛くなりました。

接種翌日が痛みのピークで、リュックを背負うのが苦痛になるくらいに痛みましたが2日後、3日後と徐々に痛みは消えてきつつあります。

幸いなことに、発熱など他の症状は無かったので個人的には良かったなと思っています。

職域接種を申し込むにあたり「早くワクチンを打ちたい」という気持ちが強かったので、申し込み自体に躊躇はしませんでした。

「早く接種日が決まって連絡が来ないかな」とワクチン接種に前向きな気持ちだったのですが、いざワクチン接種の日が決まると、心の中に不安感が一気に広がり「出来る事ならワクチンを打ちたくない」という気持ちが湧いてきたのです。

接種日が決るとワクチン接種は現実のものになり、自分の中で接種日までの「カウントダウン」が始まります。

接種までの日が無くなってくると不安も強くなっていきます。

不安を掻き立てる要因は、新型コロナウイルスのワクチンが他のワクチンと比較して強い副反応が出ると言われているからです。

ネットで調べれば副反応の情報が簡単に調べられますが、必要以上に不安感を高めない為に私はあえて副反応の情報を調べないようにしました。

「打ちたくない」という気持ちは職域接種会場に着いても消えません。

私の場合、新型コロナウイルスのワクチンを接種する瞬間まで続きました。

楽天市場でランキング2位のパルスオキシメーター

コメント

タイトルとURLをコピーしました