JR東日本のEast i(イーストアイ)を初めて見た

East i(イーストアイ) 電車

当記事では、East i(イーストアイ)を初めて見た事を紹介しています。

鉄男ではないのですが、電車は好きです。

どの車両がどうのこうのと言える知識はありません。

ですが、鉄男じゃない私でもわかる幻の車両、East i(イーストアイ)を大宮駅で初めて見ました。

山形新幹線のような形のEast i(イーストアイ)、車両形状から推測すると山形新幹線にも乗り入れて情報を収集出来るんじゃないかな?と思います。

大宮駅でいつもの様に乗り換えの新幹線を待っている時の事です。

アナウンスで18番線に回送列車が入ります~と流れてスマホを片手に待ち構えていると幻と言われているEast i(イーストアイ)でした。

私は1回あたりの乗車時間が短いとは言えコロナ禍になってからというもの。長らく新幹線を利用しています。

少し前になりますが近畿地方に単身赴任していた時は移動手段に東海道新幹線と東北新幹線を利用していました。

電気・軌道総合試験車(検測車)の存在は知っていましたがJR西日本のドクターイエローやJR東日本のEast i(イーストアイ)は雑誌で見るこはあっても実際に見たことはなかった。

なので、今回の遭遇にはびっくり!

East i(イーストアイ)とは

East i(イーストアイ)はJR東日本が所有する電気・軌道総合試験車(検測車)の愛称です。

電気・軌道総合試験車と言ったらJR西日本のドクター・イエローが有名ですよね。East i(イーストアイ)はそのJR東日本版といったところです。

全部で3種類あるそうですが、私はそこまで詳しくないので今回見たEast i(イーストアイ)が3種類のどれなのかはわかりません。

18番線に停車していたので長野新幹線か新潟新幹線か北陸新幹線のいずれかのコースを辿っていくのかそれとも全部廻るのかは判りません。

レールの状態とか架線の状態などを調べるのでしょうね。

East i(イーストアイ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました