office互換ソフトで無料のおすすめのご紹介

当記事では、office互換ソフトで無料のおすすめを紹介しています。

仕事上でofficeソフトと呼ばれている、マイクロソフト製のエクセルやワード、パワーポイントを当たり前の様に使っています。

自宅PCはというと、値段を抑える為にofficeソフトがバンドルされていないモデルです。

ですが、自宅でもCSVファイルなどを閲覧や編集する機会があります。

そんな時にフリーで使えるoffice互換ソフトを使っています。

officeソフトとは

そもそも、officeソフトってなに?ってなりますが、officeソフトといえばマイクロソフト製品がスタンダードです。

ワード・エクセル・パワーポイント・アクセス・アウトルックから成るソフト達。

・Word(文書作成ソフト)
・Excel(表計算ソフト)
・PowerPoint(論文などのプレゼンテーション用ソフト)
・Access(データベースソフト)
・Outlook(メーラーソフト)

これらのソフトを纏めてOfficeソフトと呼んでいます。

会社で使うPCにはインストールされている事が標準と言っても過言じゃないないくらいビジネス関連では当たり前に使われている必須ソフト。

大学生も論文の発表等で使いますので、やはり当たり前に使われています。

私は、ビジネス用ということもあり、価格が高いというイメージを持っています。

仕事では必須ですが、自宅だとofficeソフトが必要になる場面は少ないので自宅PCに有料で割高なOfficeソフトは不要、フリーのソフトで充分だと私は思います。

office互換ソフトとは

マイクロソフトのofficeソフトのデータを開いて編集できて、無料でインストールして使う事ができるソフトです。

完璧に再現できるoffice互換ソフトはありませんが、閲覧と簡単な編集なら大丈夫です。

無料で使うことができるoffice互換ソフトは何種類かあります。

無料ソフトだから、使えないんじゃないの?と疑いの気持ちを抱いてしまいますが、閲覧と簡単な編集なら使えます。

リーズナブルな値段の有料office互換ソフトもありますが、ここでは無料ソフトだけを紹介します。

LibreOffice

現在、私も使用しています。

OpenOffice

以前使っていました。

GoogleDrive

会社のメーラーソフトがGoogle cehomなので使用していますが、再現度がイマイチ感があります。

One Drive(Office Onlineが付属)

One Driveは使っていますが、Office Onlineは使った事が無いので評価できません。

Office Mobile for Windows 10

10.1インチ以下のタブレットPC限定で無料で使える。
対象タブレットを持っていないので評価できません。

まとめ

私は自宅CPにHUAWEIのMateBook13を使っていることは以前紹介しました。

もちろんofficeソフトがインストールされていないモデルです。

理由はofficeがプリインストールされていると値段が高くなるから。

PCの値段を少しでも安くしようとするとOfficeソフトのプリインストールモデルは差額が2万3千円くらいありますので、選択肢から外れてしまいます。

自宅のPCに純正のOfficeソフトがプリインストールされているに越したことはありませんが、アフィリエイトの様なネットビジネスをしていても頻繁に使うわけではありません。

自宅PCであれば無料で使く事ができるoffice互換ソフトで今のところ十分です。

再現性は完全ではないけれど普通にエクセルファイルを遜色なく見れて編集も出来るのですから。

office互換ソフトがあれば、自宅PCでOfficeソフトのファイルを閲覧できる環境が整いますので、おすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました