印鑑をフリーソフトでインストール不要な「スタンプメーカー(StampMaker)」で作ってみた

電子印鑑 無料ソフト

「スタンプメーカー(StampMaker)」はフリーソフトでインストール不要の印鑑作成ソフトです。

印鑑の種類をデート印と認印の2種類から選び、色を赤、青、黒の3色から選択します。もちろん印鑑に必要な名前などの入力は必須ですね。

大きなコピーボタンを押すことでクリップボードにコピーされます。windowsの張り付けでエクセルやワードに貼り付けて使います。

印影の詳細の設定などは無く、非常にシンプルな電子印鑑ソフトになっています。

「スタンプメーカー(StampMaker)」のダウンロード

StampMakerはべクターからダウンロードできます。

ベクターのダウンロードのページはことらからどうぞ
ベクターのダウンロードページ

StampMaker.zipというファイルがダウンロードされます。

「スタンプメーカー(StampMaker)」の使い方

ダウンロードしたStampMaker.zipを任意のフォルダに移動して回答します。
StampMakerの圧縮ファイルの中のファイル

Readme.txtとStampMaker.exeの2ファイルが現れます。
Readme.txtは一読しておくと良いです。

StampMaker.exeをダブルクリックするとソフトが起動します。デフォルト状態ではデート印で起動してきます。

電子印鑑を使うには印種と色の組み合わせを決めます。

まず印種をデート印と認印の2種類から選びます。

デート印
StampMakerの画像

認印
StampMakerの認印

次に色を赤、青、黒の3種類から選びます。
デート印と色の組み合わせ。
StampMakerの赤色のデート印

StampMakerの黒色のデート印

StampMakerの黒色のデート印

認印と色の組み合わせ
StampMakerの赤色の認印

StampMakerの青色の認印

StampMakerの黒色の認印

四角で一際大きなコピーボタンを押すとクリップボードにコピーします。windowsの貼り付けでエクセルやワードに貼り付けて使用します。
StampMakerの赤色のデート印をクリップボードにコピー

まとめ

StampMakerはインストール不要で、印鑑の種類もデート印と認印の2種類と色を赤、青、黒の3種類から選択して使うシンプルで動作も軽い電子印鑑ソフトです。

べクターからダウンロードできます。
ベクターのダウンロードページはこちらから

使い方は印種と色の組み合わせを決めたらクリップボードにコピーして、windowsの張り付けでエクセルやワードに貼り付けて使います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました