本ページは広告リンクやPRが含まれます

Windows 11のフォトビューアー「フォト」アプリ、その機能について

windows11 Windows
広告

この記事では、Windows11に標準装備されているフォトビューアー「フォト」アプリ、その機能について紹介しています。

Windows11に標準装備されるフォトビューアー「フォト」アプリは、画像管理と編集の両方を可能にする高機能ツールとして進化を続けて使い勝手がよくなっています。

「フォト」アプリは、ローカルの写真だけでなく、クラウドに保存された写真も効率的に管理できるように設計されており、編集から共有まで、一連のプロセスをスムーズに行えます。

※2022年10月のアップデート以降、Windows 11の「フォト」アプリは動画編集機能を削除し、主に画像とビデオの閲覧に特化しています。ビデオ編集が必要な場合は、「Clipchamp」や「フォト レガシ」を事前にダウンロードしてインストールすることが求められます。

「フォト」アプリの主な特徴と機能

Windows11に標準装備されているフォトビューアー「フォト」は、コンピューターに保存されている画像や写真を扱うためのアプリケーションです。このアプリを使えば、ピクチャライブラリやOneDriveに保存されている写真や動画の閲覧や編集が行えます。また、カメラやスマートフォンなどの外部デバイスから写真や動画を取り込むこともできるので、多様なメディア管理が可能になります。

クラウド統合の強化

「フォト」アプリは、MicrosoftのOneDriveだけでなく、AppleのiCloudとも連携可能です。特にiPhoneユーザーにとっては、iCloudに保存された写真を直接アプリ内で扱えるのは大きなメリットです。iCloudとの連携を活用するには、設定メニューから「iCloud写真の表示」をオンにし、必要に応じてApple IDでログインします。

ローカルとクラウドの写真管理

アプリでは、ローカルの「ピクチャ」フォルダのほか、複数のクラウドアカウントにある写真フォルダも一括で扱うことができます。さらに、「フォルダーを追加する」機能を使えば、外部ドライブやUSBデバイスからの写真取り込みも簡単です。

インポートと写真閲覧

「インポート」機能を使って、USBデバイスから直接写真を取り込むことが可能です。また、画像ファイルをダブルクリックすると、別ウィンドウでの詳細なプレビューが表示され、画像の編集やスライドショーの再生が行えます。

画像編集とカスタマイズ

「フォト」アプリには基本的な画像編集ツールが備わっており、写真の回転、反転、アスペクト比の変更、そして簡単なレタッチが可能です。さらに、「スポット修正」機能を使って、写真の不要な部分をぼかし消去することができます。

詳細な調整とフィルター

写真の明るさや彩度などの詳細な調整が行えるほか、様々なフィルターを適用して画像に新たな雰囲気を加えることができます。最新のAI機能を利用した「背景ぼかし」機能もあり、被写体を自動的に識別し、周囲をぼかしてフォーカスを当てることが可能です。

バージョンアップと互換性

最新のバージョンでは、さらに高度な機能が追加されていますが、従来の「フォト」アプリを好むユーザーのために、「フォトレガシ」として旧バージョンも利用可能です。これにより、ユーザーは新旧の機能を自由に使い分けることができます。

まとめ

このアプリの進化により、Windows 11ユーザーは写真と画像の管理が格段に便利になりました。バージョンアップを通じて、さらに多様なニーズに応える

コメント

タイトルとURLをコピーしました