本ページは広告リンクやPRが含まれます

Windows11のSnipping Toolはどこにある|ショートカットキー、使い方のご紹介

windows11 Windows
広告

この記事では、Windows11のSnipping Toolはどこにあるかとショートカットキー、使い方を紹介しています。

Snipping Toolは、Windows11が標準で装備している画面キャプチャtoolです。

PrtScrキーがウィンドウ単位でキャプチャするのと比較してSnipping Toolを使うと任意の範囲でスクリーンショットをキャプチャすることができます。

又、他のキャプチャソフトだとサブメニューが開いた状態でキャプチャすることが出来ないことが多いのですが、Snipping Toolを使うとサブメニューを開いた状態で画面キャプチャできるので重宝しています。

Windows11のSnipping Toolはどこにある?

タスクバーにあるwindows11のアイコンの上にマウスカーソルを持っていき左クリック。
Windows11のSnipping Tool

開いたウィンドウの右上にある「すべてのアプリ」をクリック。
Windows11のSnipping Tool

アルファベットSのところに「Snipping Tool」があります。
Windows11のSnipping Tool

「Snipping Tool」が起動します。
Windows11のSnipping Tool

以上でWindows11のSnipping Toolがどこにあるかがわかりました。

Windows11のSnipping Toolのショートカットキー

アプリが既に設定済みである場合や、待ち時間を指定していない場合、ショートカットキーを使用してSnippingバーを直接表示させることで、すぐにスクリーンショットの切り取りを行うことができます。

「Snipping Tool」ツールを起動するためには[Windows]+[Shift]+[S]キーを同時に押します。

画面が暗転してキャプチャモードになりますので、マウスを操作してキャプチャ範囲をマウスで指定して画像をキャプチャします。
Snipping Tool

使い慣れるとショートカットキーでWindows11のSnipping Toolを呼び出すことが多くなります。

Windows11のSnipping Toolの使い方

[Windows]+[Shift]+[S]キーを同時に押します。
Snipping Tool
この状態の時に、ツールバーから撮影方法を[四角形の領域切り取り][フリーフォーム領域切り取り][ウィンドウの領域切り取り][全画面表示の領域切り取り]から選択し、マウスを使って画面上で指定するとでスクリーンショットを撮ることができます。

切り取りモード

四角形の領域切り取りモード

開始点からマウスドラッグした対角まで、任意の範囲を切り取る。

フリーフォーム領域切り取り

マウスのボタンを押した状態でフリーフォームで範囲指定。ボタンを離すと開始点と最終店が自動的に結ばれる。

ウィンドウの領域切り取り

複数のウィンドウのうち、切り取りたいウィンドウにカーソルを合わせ、白抜きになったらクリックする。

全画面表示の領域切り取り

PC画面全体のスクリーンショットをキャプチャー。

Snipping Toolはファイルを自動的に保存できないので、スクリーンショット後にデスクトップの右側に開くスクリーンショットのウィンドウが表示している間にクリックして、Snipping Toolで画像を開いて保存するか、クリップボードから他のアプリに貼り付けて保存する必要があります。

Snipping Toolでは、ペンなどのツールを使って切り取った画像に書き込みができるので、文字や図で情報を付け加えたい時に便利です。
Windows11のSnipping Tool

時間差で撮影

時間差でスクリーンショットを撮ることができます。スクリーンショットを撮ろうとすると消えてしまうアプリのメニューなどを表示した状態で撮影したい時に重宝します。

ショートカットキーではなく、スタート画面からアプリの「Snipping Tool」などでアプリを検索して起動します。
Windows11のSnipping Tool

ツールバーの[待ち時間なし]をクリックして、[3秒後に切り取り][5秒後に切り取り][10秒後に切り取り]から選択します。
Windows11のSnipping Tool

待ち時間を設定した状態で、[新規]をクリックすると、設定した時間だけ自由に画面を操作することができますので画面を撮影したい状態にしておきます。設定した時間になると、画面が操作中の状態で停止して、自動的に画面が暗転してSnipping Toolのキャプチャ画面になるので、[ウィンドウの領域の切り取り]を撮影方法として指定することで、その状態を撮影できます。
Windows11のSnipping Tool

どうやっても消えてしまうメニューなど、通常の切り取り操作ではタイミングが合わずキャプチャできない画面を表示した状態のまま切り取りたい時におすすめです。

切り取りした画像の自動保存

Windows10の「切り取り&スケッチ」アプリにはなかった機能が、Windows11のSnipping Toolに追加されました。それがスクリーンショットの自動保存機能です。

画像をキャプチャした直後に使用したい場合は、すぐに他のアプリケーションや文書に貼り付けることができます。しかし、複数の画像を連続でキャプチャする場合や、後で一括で編集したい場合は、自動保存を設定すると便利です。

自動保存の設定方法

アプリの右上にある三点リーダーから開いたメニューの「設定」を開きます。
切り取り&スケッチの設定

「領域の切り取り」で、「スクリーンショットを自動的に保存する」オプションを「ON」に設定します。
切り取り&スケッチの設定

この設定を有効にすると、以降のスクリーンショットは自動的に「スクリーンショット」フォルダに保存されます。自動保存された画像は、アプリ内のファイルメニューからアクセスして編集することが可能です。

画像の編集と保存について

画像に手書きで注釈を加えた後の画像は自動保存されないため、これらの画像は「Ctrl + S」を押すか、ファイルアイコンをクリックして任意のフォルダに保存する必要があります。

Snipping Toolの便利な使い方

Snipping Toolの設定を「ON」にすることで、使い勝手がよくなりますので、紹介します。

スクリーンショットに外枠を追加する

スクリーンショットに外枠を追加する機能があります。設定は、右上の三点リーダーから「設定」を開き、「領域の切り取り」で「各スクリーンショットに境界を追加」をオンにし、色と太さをカスタマイズします。
切り取り&スケッチの設定

複数のウィンドウを開く

複数のウィンドウを開くことで、ウィンドウを閉じることなく連続して作業が可能です。この設定も三点リーダーからアクセスできます。
切り取り&スケッチの設定

これらの設定を活用することで作業効率が向上し、より快適にWindows11のSnipping Toolを使用できるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました