Hpglは過去の物になりつつあると思う

X・Yプロッター レイアウト設計

当記事では、Hpglは過去の物になりつつあるという事を紹介しています。

そもそも当記事で取り上げているHpglとは何かといいますと

HP-GL または HPGL とは、ヒューレット・パッカードのプロッタで使われていた初期のプリンタ制御言語である。Hewlett-Packard Graphics Language の略。後に、ほとんどすべてのプロッタの標準となった。なおプロッタメーカー独自の拡張仕様も存在する。

引用元:HP-GL

プリント基板の設計の歴史になりますが、今では見る事のなくなったX-Yプロッターというものが全盛だった頃のCADデータの印刷時の標準フォーマットといえばHpglでした。

うろ覚えになりますが、21世紀になるタイミングあたりだった様な気がします。

ですのので、今から20年以上前の事になります。

CADからダイレクトにPDFデータが作成できるので、最近ではHpglフォーマットというものを扱うことが無くなりました。

CAD図面の標準フォーマットの認識でいたHpglフォーマットが厳しい表現になりますが、今や風前の灯の様な状況になってきていると思います。

当サイトでもHpglビューアを紹介した記事もありますが、過去の物になりつつあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました