気温と注ぐお茶の温度が還元くん2での水素茶作成時間を左右します。

還元くんの画像 還元くん

還元くんを購入したのが2015年の12月、寒い真冬の事です。

還元くんが水素茶生成能力を発揮するには、気温と注ぐお茶の温度と緑茶で満たされた還元くんの温度環境が重要で、水素茶生成までの時間を左右します。

ですので発砲スチロールの容器に入れたりして。極力還元くん周りの気温が低くならないように気をつけていました。

還元くんが水素茶生成の能力を発揮するのが15℃以上です。

気温の低い季節には注ぐお茶を湯煎し人肌くらいの温度にしないと12時間かけても酸化還元電位が下がらずに、更に時間が必要な時もありました。

私は、還元くんで作られた水素茶の還元電位が-400mV以下であれば良しとし、別容器に移して飲用しています。

今現在は、購入から半年以上が過ぎで季節は夏。

天気予報でも猛暑と言う言葉が連日聞かれる暑い季節ですね。

還元くんで水素茶生活を始めてから、初めての気温の高い季節を経験中です。

今は、還元くんに注ぐお茶は常温のままで湯煎する必要もありません。

注いだお茶が低電位還元水素茶になるまでの時間も短くなっています。

真冬では考えられない時間で、5時間もあれば十分に酸化還元電位がー400mV~ー500mVの水素茶が出来てしまいます。

還元くんに注ぐお茶に出来上がった水素茶を50mlくらい注げば、2時間くらいでー400mV以下の低電位水素茶が出来上がってしまい、休日には5回以上水素茶を別容器に移す日もあります。

購入間もなかった真冬では考えられない短時間で水素茶が作れている状況です。

OJIKA Industry 還元くん3(低電位水素製造ボトル) 850cc 1本 黒色ボトル<還>

OJIKA Industry 還元くん3(低電位水素製造ボトル) 850cc 1本 茶色ボトル<元>

OJIKA Industry 還元くん3(低電位水素製造ボトル) 850cc×2本セット

コメント

タイトルとURLをコピーしました