拡張子が「vsdx」のファイルを閲覧するにはVisio ViewerかLibreOffice

パソコンの画像 備忘録

レイアウト設計の部品配置案を拡張子が「vsdx」のファイルを支給されたのですが何で開いたらよいか分からずに困った時のことを備忘録としてまとめた記事です。

ファイルを開く手段をネットで調べていくと拡張子が「vsdx」のファイルはVisioのファイルということが分かりました。

私が使っているPCにはVisioが入っていませんので、そのままでは開けません。

私が拡張子が「vsdx」のファイルを開ける事を確認したのは下記の2通り。

①Visio Viewerを使うことで「vsdx」のファイルを閲覧する事ができるようになります。
②無料オフィスソフトである「LibreOffice」のDrawで開く。

①Visio Viewer

Visio ViewerをインストールするとインターネットブラウザのIEで拡張子が「vsdx」のファイルを閲覧できる様になります。

Visio Viewerのダウンロード

Visio Viewerは無料でマイクロソフトのサイトからダウンロード出来ます。

マイクロソフトダウンロードのページはこちらからどうぞ
isio Viewerのダウンロードページ

マイクロソフトのダウンロードページ
isio Viewerのダウンロードページ
出典:マイクロソフト

言語を選んでダウンロードボタンをクリックします。

画面が変わり32bit版か64bit版の選択画面になります。
isio Viewerのダウンロードページ
出典:マイクロソフト

ご自分のwindows10に合わせた方にチェックをいれます。
私の場合windows10が64bit版ですので64bitにチェックをいれました。
isio Viewerのダウンロードページ
出典:マイクロソフト

64bitのチェックが入ると「次へ」のボタンがアクティブになるのでクリックして進みます。
ダウンロードが始まります。ダウンロード先を指定してからダウンロードが始まる場合もあり。PCの設定によってちがいがあります。

私の場合、会社のPCは自動でダウンロード、自宅のPCは保存先を指定してからダウンロードでした。画像は自宅PCの画面をキャプチャしたものです。
isio Viewerのダウンロードページ

以上でVisio Viewerがダウンロードされました。

Visio Viewerのインストール

ダウンロードした実行ファイルをダブルクリックするとインストールが始まり、何も聞かれることなく完了します。

Visio Viewerの使い方

Visioが入っていないPCでVisioファイルを閲覧するには
Microsoft Visio 2016 ViewerをインストールするとMicrosoft Internet Explorer Web ブラウザー内で

SharePoint や OneDrive にファイルをアップロードすることにより、ローカル コンピューターに Visio Viewer をインストールすることなくファイルを閲覧することもできます。

②「LibreOffice」のDraw

会社で業務に使っているPCにはインストールされていないのですが。偶然にも自宅のPCに「LibreOffice」がインストールされていてVisio Viewerをインストールしなくても拡張子が「vsdx」のファイルを開けたのです。

「LibreOffice」については当サイトで記事ページがありますので参照してください。

まとめ

拡張子が「vsdx」のファイルを開ける事を確認したソフトは下記の2本。

①Visio Viewerを使うことで「vsdx」のファイルを閲覧する事ができるようになります。
②無料オフィスソフトである「LibreOffice」のDrawで開く。

どちらもフリーです。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました