プリント基板設計のネットリストとは|役目

CADの画像 ネットリスト

当記事では、プリント基板設計のネットリストについて紹介しています。

プリント基板設計におけるネッリストは、主に基板内で使用する全ての部品情報と基板内の全ての配線情報が記述された1バイトのアスキー文字と記号で構成されたテキストファイルを指します。

プリント基板の設計CADの種類によってはシルク表記する文字列や配線仕様の情報も含む場合もああります。

フォーマットはプリント基板の設計CADにより異なるので異CAD間での互換性はありません。

又、システムで側で使う文字なのでネットリストでは使えない禁止文字という制約がありますが、CADによって異なります。

ネットリストの役目

プリント基板を見ると細い線や太い線が縦横無尽に走っています。

製品ではその一本一本に電気が流れて複雑な計算をしたり、機器を制御したりしています。

隣あう配線には違う信号が流れていて、それぞれ必要な部品のピン同士を繋いでいます。

プリント基板のレイアウト設計において、どんな部品を使用してどのピンとどのピンを接続するのかをアスキー文字で表したものがネットリストです。

実際の設計ではネットリストの情報を元に、必要な部品が読み込まれてCADオペレーターが必要な部品のピンだけを繋いで形にしていきます。

プリント基板のCAD設計には、ネットリストは無くてはならないものなんです。

ネットリストのフォーマット

プリント基板のレイアウト設計で用いるネットリストのフォーマットは使用しているCADによって異なります。

部品情報

部品情報には部品番号と部品形状が記述されていて、部品形状はCADで登録されている部品データとリンクしています。

配線情報

ネットリストは、テキストファイルの場合がほとんどで、書き方はCプリント基板ンの設計ADによって異なります。

ネットリストには必ず下記が記載されています。

1)ネット名(信号名やアルファベット数字を使い採番など書式はいろいろあります)
2)1ネット内で接続する部品の回路番号と端子番号

ネット名が異なると違う電気信号が流れるというイメージです。

基板内で配線が必要な信号の数だけネット名が必要になります。

ネット名に任意の文字列を付加してCADで登録をすると配線幅や配線クリアランス値の制御をする事が出来る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました