サバ缶の煮汁のつゆも飲むようになった

サバ缶 未分類

サバ缶の煮汁にも多くの栄養素が含まれているので飲んだ方がいいという記事を読んでから意識してサバの身だけでなく煮汁であるつゆも飲み干すようになりました。

サバ缶が身体にいいと言われて久しく経ちます。

サバ缶と別の食材をコラボさせた身体にいいシリーズの本が沢山出版されています。

代表的なサバ缶たまねぎやサバ缶みそ汁は血圧にもいいと言われ、私も書籍を買いました。

スーパーの店先ではサバ缶の棚からサバ缶がなくなり品薄状態にもなったほどです。

今、現在は品薄どころか潤沢にサバ缶を作るメーカーも増えてどれを買っていいのか悩むほどの種類のサバ缶があります。

一時は百円程度まで下がったサバ缶の価格は現在百円代後半とおよそ1.6~1.7倍に値上がりしました。(セブン・イレブンのサバ缶の値段の推移からの推測値)

中には100円で買えるサバ缶もありますが、味が今一だったりするのである意味チャレンジするつもりで買わないといけない。

世間のサバ缶ブームのピークからずれていますが、私的には今頃になってサバ缶がマイブームなんです。

アラ還世代の私は、若い頃には気にもしなかった毎年恒例の健康診断の結果を経年とともに高い血圧を気にする様になりました。

50代になると身体のあちこが、若い頃の様に動かなくなってきます。

血圧やコレステロール値などのどこかしかの数値が要観察で引っかかってきます。

幸いなことに常時、薬を飲むという事態にはなっていないのですが可能であれば数値は正常の範囲内でありたいもです。

毎年の健康診断時に気なる点といえば、血圧と肝機能です。

血圧は、元来高めで若い頃から高めでした。

肝機能は、毎日の晩酌していい事から気にしています。

毎年、何かひっかかるのだろうな?というびくびくした思いで健康診断に臨んでる。

幸いなことに、要観察程度の結果になっています。

血圧を下げると言われているサバ缶を意識して食べる様にしています。

不摂生なプライベートなのですが、健康志向が強いのか水素茶を毎日のんだりクエン酸水も毎日飲んだり健康関連の書籍を購入したりして健康には気を使う。

行動とは矛盾していますが、心の底では健康でありたいと常日頃から思っていたりします。

ですので健康情報のアンテナの感度は鋭い。

最近は待っているのが「サバ缶」。

サバ缶の汁にも栄養素があるので出来れば飲み干したい。と言う思いで飲み干しています。

塩分を摂り過ぎかなと思うのですが、栄養素を逃したくないという思いで飲み干す。

サバ缶みそ汁

私が作るサバ缶みそ汁のレシピの紹介。
単身赴任先なので自分一人分を飲みたい時(朝一が多い)に作ります。

マルコメの8つ入りで100円くらいする格安みそ汁と容量が少なめのサバ缶(いなばのひと口さば水煮がちょうどいいサイズ)、これまた100円くらいとをカップに入れてお湯を注いだら、あっという間にサバ缶みそ汁の完成です。

みそ汁の塩分とサバ缶の煮汁の塩分とで塩分が高くなってしまうイメージをしていましたが、サバ缶の煮汁のも多くの栄養素が含まれているので煮汁ごとみそ汁に入れると書いてありましたので、忠実に実行しています。

サバ缶たまねぎ

このレシピは、未だ試したことはありませんが、血液をサラサラにすると言われる玉ねぎとのコラボ。

玉ねぎをスライス状にしてサバ缶を合わせて、醤油をかけて食べたらおいしそう。

サバ缶ニンニク

これは私が幼いころから食べてきたサバ缶の食べ方です。

よく遊びに行った母方の実家で暑い夏によく食べていたのを懐かしく思い出します。

子供心にサバ缶ときゅうりとニンニクが相まって醤油をかけるだけなのにとおいしいなと思っていました。

大人になった今でもきゅうりやたまねぎのスライスを省いてニンニクだけで食べています。

ですので私の定番のサバ缶の食べ方は、すりおろしたニンニク(生ニンニクは匂いがきついのでチューブ入りでも味わいは充分です)をのせて醤油をたらして食べる。

他におかずは要らないくらい、おいしいです。

きゅうりのスライスやたまねぎのスライスをのせた上にすりおろしたニンニクをのせて醬油を垂らして食べる。

子供の頃に親戚でよく食べた味。暑い夏でも食欲が湧いて美味しく頂けると思います。

サバ缶の味の種類

サバ缶には3種類の味があります。水煮、味噌煮、味付け煮です。

私は水煮と味噌煮は食べた事がありますが

サバ缶のおすすめ1択

一人でサバ缶を食べる、量はそんなに多く食べられないので選択肢も限られます。
一人暮らしの場合にちょうどいいサバ缶はいなばの「ひと口さば」がおすすめ。

生姜が効いた味もいいし、量も丁度いい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました