windows10 サポート終了は2025年10月14日|サポート終了の2025年以降はどうなる?

windows10の画像 Windows

windows11が正式にリリースされて、windows10は一世代前のOSになりました。

そうなると気になるのがwindows10のサポート終了です。

windows10のサポート終了は2025年10月14日。

ですので、あと4年間はwindows10がサポートされて最新のOSとして使える日々が続きます。

windows10 2025年以降はどうなる?

Windows10は、年2回の大型アップデートを行って、常に最新のOSとして維持されてきました。

windows10を所有しているのであれば、バージョンアップは誰でも無償で受けることができます。

サポート終了が決まった事で最新のOSとしてwindows10を使えるのが2025年10月14日までと期限付きになってしまいました。

windows10のサポートが終了する2025年以降はどうなるのか予測すると、従来のwindows7などと同じ使ってはいけないOSになってしまいます。

同時にサポートが切れた事によりセキュリティーの問題などがあってもアップデートされません。

ですので、時間の経過とともに最新のOSでは無くなっていきます。

従来のOSがそうであった様にwindows10もやがては過去の物になってしまうでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました