windows10で画面外にはみ出たウィンドウを戻した時の備忘録

windows10の画像 Windows

結論は、画面の外にはみ出して操作が出来なくなったウィンドウを戻すのに「SAKEBar」というフリーソフトを使用して戻しました。

window10のマシンを業務とプライベートで使用しています。作業していてウィンドウが画面外に飛び出てしまい、触れなくなってしまった時慌ててしまうことが不定期で時々発生します。そんな状況を、どう解決したかを備忘録としてまとめました。

広告

画面外にはみ出して操作が効かなくなるウィンドウ

自分でも何をどうしたのか、わからないのですが先ほどまで作業していたポップアップウィンドウが画面の外に飛び出してしまいました。

再度、ポップアップを開くボタンを押してみても見える範囲での反応はありません。

どこかのウィンドウの下に隠れているんじゃないかと全てのウィンドウを最小化しましたが見当たりません。

プログラムを終了することなく、自力でなんとかしようと見つけたのが「SAKEBar」というソフトです。

デスクトップからはみ出たウィンドウを自動で戻してくれる常駐ソフト。インストールは不要です。

ダブルクリックで「SAKEBar」起動すると瞬時にウィドウ外で見えなくなっていたウィンドウが画面内に収まって表示されます。驚きと同時に安堵感も沸いてきて『よかった』としみじみ思いました。

デメリットもありますので書いておきます。

複数のウィンドウを表示して見ずらいので邪魔になるウィドウを移動しようとしても画面外に出てくれません。

そんな時は常駐を解除してウィンドウを移動しています。
必要な時には感謝しています。

必要じゃない時には起動しないという使い方になっています。

無いと困るけど、常にあっても困るという微妙な立ち位置にいるソフトかなと分析します。

褒めてるような、褒めていないような内容になってしまいましたが無いと困ります。
見つけて良かったソフトです。

【対応OS】Windows 98/Me/2000/XPですがwindows10でも問題なく動作します。

窓の社のダウンロードページはこちら
ダウンロードページ

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました