Lhaplusのダウンロードとインストール|脆弱性とその対策、バージョンの確認方法のご案内

無料ソフト

「Lhaplus」はフリーで使える定番の圧縮・解凍のソフトです。

インストール方法と「Lhaplus 1.74」で指摘されている脆弱性と脆弱性の対策、そしてバージョンの確認方法をご案内しています。

「Lhaplus」はこんなソフト

Lhaplus(「ラプラス」と読みます)は外部 DLL 不要の圧縮解凍ソフトです.使いやすさはもちろんのこと,多数のアーカイブ形式への対応(※),初心者から上級者まで不満なく使える配慮が特徴です.

以下、省略・・・

引用元:Lhaplus

lhaplusはVectorさんの人気ランキングで2位に入っています。

Lhaplusのダウンロード

私はlhaplusをVectorさんからダウンロードしました。

Vectorさんのlhaplusのページはこちらからどうぞ
Vectorさんのlhaplusのページ

ダウンロードの途中で見かけたコメント数。277人のコメントがあるソフトをVectorさんで初めてみました。通常一桁代のコメント数が多いのでlhaplusのコメント数は凄いと思う。
lhaplusのコメント数

このページに辿り着いて「このソフトを今すぐダウンロード」を押します。
Lhaplusをダウンロード

「ファイルを保存」するをクリックします。保存フォルダを聞かれたら任意のフォルダを指定します。
ファイルを保存するのウィンドウ

PCに「lpls174.exe」が格納されたらlhaplusのダウンロードは完了です。

Lhaplusのインストール

ダウンロードした「lpls174.exe」をダブルクリックするとセットアップが開始します。「次へ」を押します。
Lhaplusのセットアップ開始

インストールするフォルダの確認。特に指定が無ければそのまま「次へ」を押します。
Lhaplusのインストールフォルダの指定

「インストール」を押します。
Lhaplusのインストールの確認

セットアップ完了の画面になりますので「完了」を押します。
Lhaplusセットアップ完了

セットアップを完了するには再起動が必要ですと表示されるので特に問題が無ければ「はい」を押します。
セットアップを完了するには再起動が必要

再起動後に設定画面が表示されるので任意の設定を行います。
lhaplusはの再起動後の設定画面

後から設定を変える事も出来るので、判らない場合はそのままでかまいません。

以上でインストールが完了しました。

Lhaplusの脆弱性

Lhaplusで使用している圧縮アーカイブライブラリの一つ「UNACEV2.dll」に脆弱性 (CVE-2018-20250) が存在するという事が2019年2月のセキュリティニュースで報じられました。

Lhaplusをダウンロードする事が出来る「窓の杜」サイトでも警告文が記載されています。

本ソフトで利用されているランタイム「UNACEV2.DLL」にはゼロデイ脆弱性が存在し、本ソフトでは修正されていない可能性があるため、ACE形式のファイルの解凍には本ソフトを利用しないでください。

引用元:ページタイトル

「UNACEV2.dll」は「.ACE」を展開する為のプログラムです。

「.ACE」という拡張子の圧縮ファイルは見た事がないが念のために、使っているLhaplusが脆弱性を持ったものか?を調べてみましょう。

デフォルトでインストールしていれば「C:\Program Files (x86)\Lhaplus」フォルダ下に>Lhaplusのプログラムファイル群があります。

私が使っているLhaplusのプログラム格納状態。
Lhaplusの脆弱性

タイムスタンプ2005年8月26日2時50分の「UNACEV2.dll」が存在(朱枠内)しているので私の使っているLhaplusは脆弱性を持っているという事になります。

Lhaplusの脆弱性の対策

脆弱性の影響を回避するには「Lhaplus」で「UNACEV2.dll」を使えないようにすること。

自分でできる「Lhaplus」が「UNACEV2.DLL」を使えなくする方法は下記の2通り。

①「Lhaplus」をアンインストールする。
 使い慣れた「Lhaplus」ごとPCから無くす。

②脆弱性のある「UNACEV2.dll」ファイルを手動で削除する
 使い慣れた「Lhaplus」は脆弱性が無くなり、その後も使い続ける事が出来る。

私の場合「.ACE」という拡張子自体使う事が無い為、②を選択。

「UNACEV2.dll」削除の仕方は、エクスプローラーを開いて「Lhaplus 1.74」がインストールされているフォルダーへ移動します。

デフォルトでは「C:\Program Files (x86)\Lhaplus」や「C:\Program Files\Lhaplus」にインストールされています。

「UNACEV2.dll 」(朱枠内)を削除。
Lhaplusの脆弱性

{UNACEV2.dll}ファイルを削除しても「Lhaplus」は、今のところ問題なく動作しています。

Lhaplusのバージョンを確認する方法

Lhaplusのバージョンの確認の仕方は、デスクトップのアイコンをダブルクリック、又はwindowsのアプリを選ぶからLhaplusを選ぶかを行い起動します。
Lhaplusの起動

右上の「バージョン」タブをクリックすると
Lhaplusのバージョン

Lhaplusの詳細を表示した画面になり、バージョン(朱枠内)も表示されている。

私が使っているのは、バージョンが1.74という事を確認できました。

まとめ

「Lhaplus」はフリーで使える定番の圧縮・解凍のソフト.

Vectorさんからダウンロードする事が出来る。

「Lhaplus」は脆弱性のある「UNACEV2.dll」が含まれているが、「UNACEV2.dll」のみを削除する事で脆弱性の対策になる。

バージョンの確認方法は「Lhaplus」を起動し右上の「バージョン」タブを押すと表示される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました