DXF・DWGをPDFに変換する方法

パソコンの画像 AUTOCAD

DXF、DWGからPDFに変換する方法を紹介します。
方法は2種類あります。

1つは、AUTODESK社のAUTOCADやDWG TrueViewを使い装備されているプリンタードライバーを使用して印刷する。

もう一つは、AUTODESK社のAUTOCADやDWG TrueViewや他メーカのCADや ビューワで立ち上げてフリーのPDF変換ソフトを利用してPDFを作成する方法です。

私は、主にAUTODESK社環境でPDFに変換しています。

AUTODESK環境の場合

リモートワークのイメージDXF・DWGデータをPDFデータに変換する方法ですが私の場合、職場では有料のAUTOCAD LTを使用しています。

自宅などでAUTOCADが使えない時にはフリーソフトのDWG TrueViewでDXFを開いて。

方法は、DXF・DWGを開いているCAD、又はビューワ上でファイル印刷でプリンターにDWF to PDFを選んで用紙の向きや印刷スタイル(カラーのDXFをモノクロ指定にするとかの設定)の指定などをしてPDFデータにします。

PDFデータ作成時には、保存するファイル名を聞いてきますので、任意の名前を付けます。

下記は、職場以外で私が使用しているDXF・DWGデータをPDFに変換できるフリーソフトです。
・DWG TrueView(dwg・dxf ビューワならautodeskのDWG TrueView)のページで紹介しています。

DWG TrueViewであればAUTOCADと同じプリンターフォーマットのが備わっているので『Dwg to PDF3』が使えます。

職場以外の自宅では、DWG TrueViewで印刷します。
カラーのDXFデータもモノクロで綺麗にPDFに変換できるので重宝しています。

AUTODESK以外の環境の場合

AUTOCADやDWG TrueView以外を使用していてDXF・DWGをPDFに変換したい場合.
Cube PDFやPrimo PDFといったフリーソフトを使用します。

私の場合、使い勝手がいいので最近は『Cube PDF』になりました。

Cube PDFの画像

フリーソフトです、公式サイトからダウンロードできます。
Cube PDF

使い方はDXF・DWGをCAD又はビューワで開き、印刷時にプリンターにインストールしたCube PDFを選びます。

用紙サイズや向きを設定して印刷を実行すると、保存ファイル名を聞いてきます。任意名を付けて変換ボタンをクリックするとPDFファイルが出来ます。

まとめ

DXF・DWGをPDFに変換する時のAUTODESK環境の場合は『DWG To PDF3』を選び、AUTODESK環境以外の場合は任意のPDFプリンターを選び印刷します。

初めて変換するのであれば、フリーソフトの『Cube PDF』がおすすめ。

どちらも、印刷時のプリンターとして選んで使用する事でDXF・DWGをPDFに変換することが出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました