ネットリストの文字の置き換えにフリーソフト「Multi Part Swap」のダウンロード・インストール、使い方

Multi Part Swap操作の画像 無料ソフト

当記事では、ネットリストの文字の置き換えにフリーソフト「Multi Part Swap」のダウンロード・インストール、使い方を紹介しています。

「Multi Part Swap」を使うと、置き換え前と置き換え後の文字を決まりに沿って登録することで毎回ネットリストの文字列を手修正で置換するという作業から解放されます。

私が、ネットリストのテキスト置き換えに「Multi Part Swap」を使用しはじめてからかれこれ16年という長い年月が経過します。

支給されるネットリストをそのまま使う事が理想なのですが、そのまま使えるということがほぼありません。

そのまま使えないということは回路変更の度に毎回手修正が必要になるということです。

そんな時に使えるのが「Multi Part Swap」、略して「MPS」。

windowsがXP、VISTA、window7、windows8、windows10と変化してきましたが、windowsが代わってもずっと使えています。

基板設計CAD用のネットリストのフォーマット変換では対応しきれない文字列や登録の無い部品などの置き換えに使用しています。

前もって置き換え前と置き換え後の文字列を定義ファイルとして準備しておくことで、『Multi Part Swap』上で変換定義どおりに置き換えてくれるます。

ネットリストが変更になっても人手による置き換えではないので、置き換え定義ファイルさえしっかりしていれば、正確に何回でも文字の置き換えができます。

ネットリスト中のテキスト置き換えにフリーソフトで使える物はないものか?といろいろ試した結果、『Multi Part Swap』が優れていると判断し使い始めました。

通常の文字列置き換えソフトの場合、一度置き換えた文字が次の置き換え候補に含まれると又置き換えされてしまい、意図していない結果になる事が多々あります。

『Multi Part Swap』の優れているところは、一度置き換えた文字はその後の置き換え対象としないところです。

注意する点としては、同じ行に置き換えたい文字列が点在している場合は、一行にまとめる必要があります。

『Multi Part Swap』のダウンロード

ベクターでダウンロードできます。

ベクターのダウンロードページはこちらからどうぞ
ベクターの『Multi Part Swap』ダウンロードのページ

mps12.lzhというファイルがPCに保存されたらダウンロードは完了です。

『Multi Part Swap』の使い方

インストールは不要です。解凍したら任意の場所に置きましょう。

余談になりますが、私は「C:」や「D:」の下に「Program Files2」というフォルダを作成してダウンロードして手に入れたソフト群を管理してます。

使い方の流れをざっとですが説明します。

テキストデータで置き換え前と置き換え後を定義したテキストファイルの準備

(例)区切り用テキストを『/』で定義しています

置き換え前 置き換え後
CN5:CNXXX/IC5:ICXXX
IC1-1/IC1-A1
IC1-2/IC1-2A
T1-3/TR1-3
CN5-6/IC5-6

実際に使用して感じた事ですが、『TAB』や『空白:スペース』を含むネットより『TAB』や『空白:スペース』を含まないネットリストの方が定義がしやすく、『TAB』なのか連続した『空白:スペース』なのかは実際に置き換えてみないとわかりません。

『TAB』や『空白:スペース』を無くしてから置き換えすることで作業効率がよくなります。

定義の入力が終了したら任意のファイル名で保存します。

*、置き換え文字の前後の区切り記号に使用できる文字には制約があり、使用可能な文字は 『,』、『;』、『.』、『/』、『|』、『-』の6文字です。

『.』や『-』はネットリストで使用する事も多いので『/』や『|』を主に使用しています。

MPSで文字を置き換え

『Multi Part Swap』を立ち上げて置き換え対象元ファイルを読み込みます

Multi Part Swap操作の画像

適当に考えてみたサンプルネットリストを読み込んでいます。

SAMPLE NET LIST
comp_start
IC1:ICXXX
T1:2SBXXX
CN5:CNXXX
comp_end
net_start
sig001:IC1-1,IC1-2,CN5-6
net_end

変換設定で置き換え定義ファイルを指定して読み込みます
Multi Part Swap操作の画像

区切り文字を指定し変換後チェックにチェックを入れてOKを押して下さい。
Multi Part Swap操作の画像

定義が読み込まれました。
Multi Part Swap操作の画像

置き換えを実行します。
Multi Part Swap操作の画像

置き換えた結果を任意ファイル名を付けて保存して終了です。

まとめ

ネットリストの文字列の置き換えにフリーソフトの『Multi Part Swap』略称MPSというフリーのソフトを使っています。

優れている点は、一度置き換えた文字列は二度目の置換はされないところ。

MPSの置き換え仕様を把握していない導入当初は意図しない箇所が置き換えしてしまい予想と違う結果になり戸惑う事もありましたが、操作に慣れてくると事前に準備する置き換え定義ファイルの作り込み具合で予想どおりの結果に導けるようになります。

ベクターさんの『Multi Part Swap』のページはこちらからどうぞ。
ベクターの『Multi Part Swap』のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました