3D PDF ReaderとしてのAdobe Acrobat Reader DC

PDFデータのアイコン画像 無料ソフト

マルチメディア及び3Dコンテンツが有効になる当記事では、3D PDF ReaderとしてのAdobe Acrobat Reader DCを紹介しています。

プリント基板のレイアウト設計をしています。

仕事上で3D PDFビューアとしてAdobe Acrobat Reader DCを使う場面があります。

どんな場面かというと、2D PDFの部品資料で知りたい寸法がわからない時です。

3D PDFを入手してAdobe Acrobat Reader DCで不明箇所の寸法を測って知る事ができます。

全ての部品の3D PDFが用意されている訳ではないので毎回というわけではありませんが3D PDFが用意されていれば活用しています。

3D PDFとは

3次元データを埋め込んだPDFデータのこと。

PDFというと2次元データのイメージが強いのですが、3次元PDFもあるという事になります。

3Dソフトがインストールされた専用マシンが無くても、3次元データを確認できるし書き換えられる事がないので安全というメリットがあります。

当記事で掲載している画像は会社のワークステーションの画像ではなく、自宅で使っているノートPCの画像です。

自宅PCでも重さを感じながらも3D PDFをグリグリと回転して裏から表から、右から左からと好きな方向からデータを閲覧できます。

3D PDFの拡張子

3D PDFの拡張子は「.PDF」です。

2D PDF、3D PDF問わずPDFの拡張子は「.PDF」になります。

余談になりますが、2D PDFと3D PDFを同じフォルダで管理しているのでどのPDFが3Dなのかわからなくなる事があります。

そんな時は、3D PDFだけファイル名の前に3D_と付けてファイル名を変える事で一目でわかるようになり管理しやすくなります。

Adobe Acrobat Reader DCで3D PDFを開く

例としてコネクタの3D PDFをAdobe Acrobat Reader DCで開いてみます。
Adobe Acrobat Reader DCで3D PDFを開く

ただ読み込んだだけでは、3DPDF Readerとしてのマルチメディア及び3Dコンテンツ機能は無効になっています。

右上にある「オプション」をクリックして開くメニューからコンテンツを信頼するを選ぶ事でマルチメディア及び3Dコンテンツ機能が
有効になります。
Adobe Acrobat Reader DCで3D PDFを開く

マルチメディア及び3Dコンテンツ機能が有効になると先ほどまであった黄色い帯はなくなります。
マルチメディア及び3Dコンテンツが有効になる

回転して斜め下から眺めた画像、自宅PCだと少し重たさを感じながらのグリグリ回転です。
3Dモデルを斜め下から見た画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました