Google Meet(グーグルミート)の使い方|会議の始め方のご紹介

Google Meet Google Meet

当記事では、Google Meet(グーグルミート)の使い方|会議の始め方を紹介しています。

コロナ禍で働き方が変わり、仕事の打ち合わせのスタイルも大きく変わりました。

コロナ以前は普通に訪れて対面で打ち合わせをしていたのが嘘のようにWEBを使っての打ち合わせが当たり前になっています。

私の場合ですがGOOGLE MEETしか知らないといった状況ですのでGOOGLE MEETの話題になってしまいます。

GOOGLE MEETを業務で使うのですが、決して使いこなしている訳でなく、時々使う程度なので、間が空いてしまい操作を忘れていて、いつまで経っても初心者の域を脱することが出来ていません。

間が空いてしまうので憶えたはずの操作を忘れてしまい、毎回会議の立ち上げ方からの操作の復習になってしまっています。

そんなGoogle Meet(グーグルミート)の基本的な使い方を備忘録としてまとめてみました。

Google Meet(グーグルミート)とは

Google MeetとはGoogle社が提供するセキュリティ性能に優れたビデオ会議サービスです。

もともとはG Suiteというビジネス向け総合サービスの一部としてGoogle Hangoutsという名称で提供されていて、コロナ禍以前から先進的な企業のではビデオ会議ツールとして使われてきました。

Google Meet(グーグルミート)の特徴は、専用のアプリケーションをインストールしない点です。

有名どころのZoomやSkypeが専用のアプリケーションで会議を行いますが、Google Meet(グーグルミート)はWebプラウザ上で行います。

対応しているWebプラウザは、Chrome、Firefox、Microsoft Edge、Apple Safariです。

移動中にGoogle Meet(グーグルミート)を使用したい時にはiPhoneやAndroidの専用アプリをインストールすればアクセスすることができます。

Google Meet(グーグルミート)の使い方

私もそうですが、使い慣れていない初心者の方であれば、何事でもそうですが緊張するものです。

Google Meet(グーグルミート)会議の始め方

Web会議を始めるにはchromeの「Meet」が「カレンダー」から始めることができます。
Google Meet

「Meet」から会議を始める

「Meet」をクリックするとWebブラウザのMeetのページが開きます。青い部分「新しい会議を作成」をクリック。
Google Meet

サブウィンドウが開いて下記の中からアクションを選びます。

・次回以降の会議を作成
会議のURLを先行して発行してくれます。
会議のURLは保存しておきます。会議を開始する日時が決定したら開始時間に合わせてブラウザにURLを入力し会議が開始されます。

・会議を今すぐ作成

クリックすると直ぐに会議画面になりweb会議が始まります。
Google Meet

・Googleカレンダーでスケジュールを作成

「カレンダー」から会議を始めると同じ内容ですので、そちらで説明しています。

「カレンダー」から会議を始める

Chromeの「カレンダー」をクリック。

カレンダーが開きます。

Google Meet(グーグルミート)Web会議への招待の仕方

招待の仕方はWeb会議のURLをメールやチャットで知らせるだけです。

Google Meet(グーグルミート)Web会議への参加の仕方

招待メールに記載されているWeb会議のURLをクリックし、「今すぐ会議に参加」をクリック。

主催者が招待者からのアクセスを許可することでGoogle Meet(グーグルミート)Web会議に参加できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました