ChatGPTの始め方と活用方法、3.5と4.0の違いのご紹介

AI ChatGPT

この記事では、ChatGPTの始め方を紹介しています。

ここ数年ぐっと身近な存在になってきたAI。中でも2022年11月のChatGPTの登場で一気に身近になり今ではChatGPTが当たり前になりつつあります。そんな話題のChatGPTは無料で使うことができるので使わない手はありません。

現在は、ChatGPTが登場して間もない時期なのでいろいろ話題なっていますが、この先ChatGPTを使用することが当たり前になっていき、企業はもちろん個人もAIを活用する時代がやってくると考えています。

私も、話題に乗り遅れないようにAIを活用してみようと思いChatGPTにチャレンジしたことを備忘録としてまとめました。

ChatGPTとは

ChatGPTとはアメリカのOpen AI社が2022年11月に公開した対話型の人工知能(AI)のこと。ユーザーの質問や命令に対応してくれます。

質問に対して人間のように自然に答えることが話題になり、利用者も急増しています。

2021年9月までのデータを学習しているため、それ以降に起こった出来事や新しい情報には答えられません。

「ただし、私の情報は2021年9月までのものなので、それ以降の新しい展開や情報については把握していない可能性があります。最新の情報は公式ウェブサイトや関連するメディアをご確認いただくか、別の情報源をご利用ください。

とChatGPTのコメントが入ることもあり、うまく活用できない場合もあります。

ChatGPTのすべての回答が正しいわけではありません。誤った回答が返ってくることもあります。利用するときは、正しい情報なのか?を自分でも確認する必要があります。

ChatGPTのアカウント登録

ChatGPTを使い始めるにはアカウントの登録が必要になります。アカウント登録画面が英語なので少しハードルが高いのですが翻訳ツールを使いながらチャレンジしました。

ChatGPTの公式サイトにアクセスします。公式サイトはこちらからどうぞ。

公式サイトにアクセスしたら左下の方にある「Try ChatGPT」をクリックします。
ChatGPTの公式サイト

画面が切り替わります。右側の「sign up」をクリックします。
ChatGPTの公式サイト

登録画面になります。Microsoftアカウント、Googleアカウント、Appleアカウントを持っているのであれば①からアカウントを選んで③Continueをクリックします。アカウントを持っていない場合は②の欄にメールアドレスを入力し③③Continueをクリックします。
ChatGPTのアカウント登録

名前を誕生日の入力画面になります。上段の「First name」に名前、「Last neme}に名字を入力。日本でもアルファベットどちらでも大丈夫です。私の場合Googleアカウントを使って登録した場合、Googleアカウントで登録してある日本語の名前と名字が自動で入力されました。名前の入力が済んだら中段の「Birthday」に誕生日(DD/MM/YYYY)を半角数字で入力。入力が合っていることを確認したら下段尾「Continue」をクリックします。
ChatGPTのアカウント登録

電話番号の入力画面になりますので日本の国旗が表示されていることと電話番号の先頭に「+81」になっていることを確認し電話番号を入力します。入力した電話番号が合っていることを確認したら「Send Code」をクリックしますと登録した電話番号にSMSで認証コードが送られます。
ChatGPTのアカウント登録

認証コードの入力画面になります。先ほど登録した電話番号に送られてきた認証コードを入力します。
ChatGPTのアカウント登録

ChatGPTを使う前に

認証コードが認証されるとChatGPTについての説明がありChatGPTを使えるようになります。

これは自由研究のプレビューの画面になります。
ChatGPT

私たちの目標は、システムを改善し、より安全にするために外部からのフィードバックを得ることです。

当社では安全対策を講じていますが、システムが不正確または誤解を招く情報を生成したり、攻撃的または偏ったコンテンツを生成したりする場合があります。アドバイスを目的としたものではありません。

データの収集方法
ChatGPT

システムを改善するために、会話は AI トレーナーによってレビューされる場合があります。

会話の中で機密情報を共有しないでください。

フィードバックをお待ちしております。
ChatGPT

このシステムは対話用に最適化されています。特定の回答が良かったか、役に立たなかったかをお知らせください。

Discord サーバーでフィードバックを共有してください。

ChatGPTのプロンプト

ChatGPTのサイトは英語のサイトですがMessageの欄に日本語で質問や指示を入力すると日本語で答えてくれます。

質問や指示をプロンプトといいます。

ChatGPTのプロンプトは、ChatGPTに何を求めているのかを明確に伝えるための指示文です。

プロンプトは、ChatGPTにどのようなものを生成してもらいたいかを明確に伝えることで、希望に沿った内容を回答してもらえます。

ChatGPTの回答が不十分だと感じた場合、追加で質問や命令をすると詳しい情報を得ることが可能です。

追加のプロンプトの例として「理由を含めてさらに詳しく教えてください」や「具体例を挙げてください」などが挙げられます。

ChatGPTやBardなどに送る指示文は「プロンプト」と呼ばれます。その使い方やコツをつかんで、AIからの回答品質を高めましょう。200個のおすすめテンプレートから、すぐにコピペやアレンジが可能です。

ChatGPTの画面です。「SEnd massage」に日本語で質問を入力すると質問に対する回答が表示されて「New chat」の下にChatGPTが考えてくれたタイトルで新しいチャットのスレッドが立ちます。スレッド名は任意で変えることもできます。
ChatGPTの使い方

ChatGPTに初めて質問して回答をもらった時の印象は、人が書いたような自然な文章で驚きます。

ネット検索のときは「〇〇 〇〇 〇〇」のような単語を並べて検索しますが、ChatGPTでは普通の会話のような問いかけになります。

質問は何度でも出来ます。思ったような回答が得られない場合は質問の言葉を変えて回答を調節します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました