ガーバーデータの作り方のご紹介

プリント基板 プリント基板の設計

当記事では、ガーバーデータの作り方について紹介しています。

ガーバーデータはプリント基板を作る際のデータとして当たり前に使われています。

ガーバーデータとは

プリント基板の制作用に使われる標準形式がガーバーデータです。

アメリカのGerber Systems社が開発したファイル形式で、フォトプロッター業界で首位だったGerber Systems社が開発したデータ形式が、プリント基板用フォトフィルムプロッタの制御用データとしてプリント基板業界の標準形式となりました。

出力されるのは形状と座標というシンプルな構成で、余計な情報が出力されない仕様の為、開発から数年を経ても標準であり続けています。

今のところ、ガーバーデータにとって代わる形式は現れていません。

ガーバーデータの作り方のご紹介

ガーバーデータの作り方ですが、プリント基板の設計CADであれば、ほぼガーバーデータ出力の機能を装備しています。

CADによって操作方法が異なりますので、一概にこうですという説明は出来ません。

CADのオペレーションに慣れる必要がありますが、慣れてしまえば決まった手順でガーバーデータを作ることが出来る様になります。

ガーバーデータの作成自体は難しい事ではありません。

CAD上で、ガーバーデータ出力時のパラメーターを設定してガーバーデータ作成を押せばガーバーデータが作成される認識でいます。

パラメーターも、突き詰めれば精度が良いに越したことはありませんが、多少曖昧でも基板は作成できます。

ガーバーデータを理解してパラメータを調整できるようになると、ガーバーインして流用する時に困らないガーバーデータを作れるようになっていくと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました