Windows10の起動時にChecking Media Presenceと表示され起動に時間がかかるようになった時の対処の仕方

windows10の画像 備忘録

windows起動時にChecking Media Presenceと表示される様になってしまう原因は、初期設定では内蔵HDD・SSDを見に行きOSを展開してPCが起動するという流れになっていますが、何かのはずみでネットワークブートの設定が一番高くなってしまった為に起こります。

ですのでChecking Media Presenceと表示されて起動に時間がかかる様になったPCのBIOSのネットワークブート設定が"Enable(有効)やONに変っわてしまいネットワークブートの優先順位が一番高くなっている。

対処方法は、PCのBIOS設定でBOOTの優先順位をOSが格納されている内蔵ディスクドライブを優先にする事で解決します

BIOS設定に入る方法はPCメーカー、同じメーカーでも機種によって違いますので確認が必要です。

私のPCは一度なおしてもらったのですが、何日か後に再度同じ症状に戻ってしまいました。ですので恒久的な対処方法とは言えません。

パソコンにChecking Media Presenceと表示されるようになっても決して起動しないわけではなく、BIOSで設定された優先順位でブートプログラムを見つけに行き、一定時間探した後に次のデバイスを探しに行くという事を行っています。

OSが格納されている内蔵HDD・内蔵SSDのデバイスを見に行くまでに時間がかかるので、起動するまでに時間がかかるだけです。

慌てないで、待っていればいつものログイン画面になってくれますが、待ち時間が煩わしいですよね。

windows10のバグなのか?、理由はわかりません。
ある日突然、起動しようと電源を入れたらいつもと違う画面が現れて、いつものようにスムーズに起動しなくなっていた。

パソコンが起動時に何かを探していて、見つからないと次を探して、ようやく内蔵ドライブにあるwindows10を起動する。
とにかく起動してログイン画面になるまでの待ち時間がとても長いんです。

前日は、いつもの様にシャットダウンしただけです。どうしてこんな状態になってしまったのか?

原因はわかりません。Windows10起動時にChecking Media resenceと表示されるようになってしまいました。片仮名で表すとパソコンに表示されているのはチェッキングメディアプレゼンスです。

直訳すると『存在感のあるメディアを調べています。』何か意味不明ですが、ニュアンスは伝わってきます。

症状の概要

初めて見た時は何が起こったのかもわからずに慌てます。

冷静になりググって調べてみると、原因はBIOSのブートローダーがネットワークブート優先になってしまった為との事。

通常ならパソコン内の内蔵ドライブに格納されているwindows10を読み込んで起動するのですが、ネットワークブート優先になってしまうとIPv4とIPv6を探してから優先順位の低くなった内蔵ドライブを最後に探してwindows10を起動する手順ですので、毎回の起動時間が長くかかってしまいます。

windows10のアップデート時の再起動の際にも、待たされる事に・・・。

自分が使っているPCは個人でBIOS設定画面に入れない環境で会社のシステム管理者を呼んで対応してもらうので、自分では変えられませんしシステム管理者を呼んだ覚えもありません。

ですので何かが原因でなってしまった症状になります。

この症状を治すには、Bios設定でブート優先順位を内蔵ドライブ優先に変えること。

私のPCは、会社のPCなのでパスワードがわかりません。
自分でBIOSにアクセスする事が出来ないのでシステムを扱う部署に来てもらい治した経緯があります。

しかし、その後同じ症状になり在宅勤務に入りました。
4月からですので、4カ月間Windows10起動時にChecking Media Presenceが表示されたままです。

治してもまた、Checking Media Presenceと表示されるようになってしまうだろうと思い治していません。
毎日の起動時にChecking Media Presenceが表示されて、起動するまでに時間がかかるだけですので、そこさえ我慢出来れば支障はありません。

対処の仕方

ネットで見つけたブートローダーの設定手順です。

Biosの起動方法や、Biosの設定画面はPCの機種やメーカーによっても異なりますので、持っているパソコンのの機種でググるとわかると思います。

①Biosを起動する
②Biso設定画面でBootを見つけて選択。
③内蔵HDDや内蔵SSDで起動する設定に変える。
④Biosの変更を保存して再起動。

になります。

起動時にChecking Media Presenceと表示されるようになった原因

私の場合、Windows10のアップデート後に、この症状になってしまいました。
原因はわかっていません。

わかっていることは、何もしていないのに何かのはずみでbiosのboot設定の優先順位が変わってしまったという事と、BIOS設定でBOOT順位を直しても、又同じ症状になることもあるという事。

Windows10起動時に

 Checking Media Presence...... 日本語にすっるとチェッキングメディアになるのでしょうか。
 Media Present......
 Start PXE over

画面表示はこんなです
Checking Media Presenceの画像

ブートローダーはパソコンを起動した時に一番最初に動くプログラムであるBIOSに設定されているドライブを利用して起動します。

通常ですとパソコン内の内臓HDDや内臓SSDに設定されていてディスク内のwindows10やLinuxなどのOSを起動します。

ブートするドライブを変更することでDVDドライブ、USBメモリなどを優先して立ち上げることも出来ます。
通常はPCに内蔵されているHDDやSSDのWindows等のOSを読みだして動き始めます。

一般的にWindows OSなどはCドライブに入っている事が多いですよね?皆さんのパソコンも同様だと思います。
パソコンの電源を入れると、このブートローダーがCドライブ優先に設定されているのでCドライブを先ず見に行き、CドライブからOSを読み出してWindowsが起動する、という流れです。

windows10マシンのBIOS設定でブートローダー優先順位を変更する事で元に戻す事が出来ます。

起動時にChecking Media Presenceと表示されるようになったメリット・デメリット

時間が経過すると、最終的にはCドライブのwindows10が起動するのですが、起動までに時間がかかりすぎるという点がデメリットです。

メリットは、何一つありません。

使っているPCがこの症状になったら、Bios設定しなおしましょう。

windows10が不安定になったら「システムファイルチェッカー」を試してみよう

windows10が不安定になる場合、多くはシステムファイルの破損が原因と言われています。

windows10には標準でシステムファイルをスキャンして破損を修復してくれる「システムチェッカー」という機能が標準で装備されています。

解決できるかどうかは分かりませんが、システム不調になったら「システムチェッカー」を試してみるのも一つの手だと思います。

「システムチェッカー」はコマンドプロンプトを起動してsfc /scannouで実行します。

ネットに接続出来なくなったり、タスクバーのアイコンが消えたりと起動に時間のかかるようになったPCをスキャンしてみました。

引用始まり
>sfc /scannow

システム スキャンを開始しています。これにはしばらく時間がかかります。

システム スキャンの検証フェーズを開始しています。
検証 100% が完了しました。

Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらは正常に修復されました。
オンライン修復の場合、詳細は次の場所にある CBS ログ ファイルに含まれています
windir\ Logs\CBS\CBS.log (たとえば C:\Windows\Logs\CBS\CBS.log)。オフライン修復の場合、
詳細は /OFFLOGFILE フラグによって指定したログ ファイルに含まれています。
引用終わり

破損したファイルが見つかりましたが、それらは正常に修復されました。とログが出ました。

これで安定してくれたら原因はシステムファイルの破損なんだと特定できます。

まとめ

Windows10起動時にWindows10起動時にChecking Media resenceと表示される事の対策は、BIOSの設定でブート優先順位をOSが格納されているドライブを最優先にすることです。又は、そのままで気長に待つの2択になります。

BIOSの設定の仕方はメーカーごとに異なるのでメーカーサイトやトリセツを参照してください。

私の場合、後者の対策で毎回、気長に待つを繰り返しています。

それからwindows10が不安定になったら「システムチェッカー」を試してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました