WindowsでPDFのバージョンを確認する方法のご紹介

PDFデータ windows10

当記事では、WindowsでPDFのバージョンを確認する方法を紹介しています。

PDFのバージョンを確認する方法は下記です。

①メモ帳などのテキストエディタでPDFデータを開きバージョンを確認する。
②PDFデータのプロパティを開いてバージョンを確認する。

PDFデータはアドビシステムズ社の、電子上の文書に関するファイルフォーマットです。
全ての環境でほぼ同様の状態で文章や画像等を閲覧できる特性を持っています。

機器の取り扱い説明書や図面などPDFファイルが当たり前に使われていてPDFデータと気付かずに説明書などを閲覧されている方も多い事でしょう。

私は仕事柄ほぼ毎日、作成するか閲覧するかでPDFデータに触れています。
そんなPDFデータにはバージョンがあって、ソフトによっては対応できない事もあります。

私が体験したのはPDF結合ソフトの『PDF As』がバージョンの高いPDFを結合できなかったという事があります。

PDFのバージョン

PDFのバージョンは下記があります。
1.0
1.1
1.2
1.3
1.4
1.5
1.6
1.7
2.0

PDFデータの詳細はこちら
ウィキペディアのPDFデータのページ

テキストエディタでPDFのバージョンを確認する

window10に付いてくるメモ帳でも大丈夫です。
メモ帳を立ち上げてPDFデータをドラッグ&ドロップで開いてください。

上の方にPDFのバージョンを示す数字があります。
下記の赤枠内の数字です。1.7の文字が記述されていますのでPDFのバージョンは1.7という事がわかります。
メモ帳でPDFのバージョンを確かめる

以上、メモ帳などのテキストエディタでPDFバージョンを調べる方法でした。

PDFデータのプロパティでバージョンを確認する

操作方法を説明していきます。

PDFデータの上にカーソルを持っていき右クリックするとポップアップウィンドウが開いてきます。
そのウィンドウの一番下のプロパティを選んでください。

更にポップアップウィンドウが開きます。

下記参考です。赤枠内のPDF infomationのを選びます。
PDFデータのプロパティからバージョンを調べる

PDF infomationのページが表示されます。
下記参考です。赤枠内がPDFバージョンです。
1.7と記述されていますのでバージョンが1.7であることがわかります。
PDFデータのプロパティからバージョンを確かめる

以上、PDFデータのプロパティからバージョンを確かめる方法でした。

まとめ

PDFデータにはバージョンがあり、対応していないソフトだと開けないことがあります。
windows10でPDFデータのバージョンを確認する方法は2つ。

1つ目はPDFデータをメモ帳などのテキストエディアで開き文字情報からバージョンを確認する。
2つ目はPDFデータのプロパティでバージョンを確認する。

PDFデータのバージョン違いで支障をきたすという事は、日常生活では先ずありません。

仕事でPDFを作成したり編集したりしていても稀なのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました