Windowsでpdfの既定のアプリが勝手に変わる時の対処法

PDFデータ windows10

当記事では、Windowsでpdfの既定のアプリが勝手に変わってしまった時の対処法を紹介しています。

Adobe Acrobat Reader DCをPDFの規定のアプリに設定したはずなのに、再起動するとPDFの既定のアプリが「Microsoft Edge」に戻ってしまい関連付けが変わってしまっている。

会社のPC、自宅のPC問わずPDFの規定のアプリが勝手に変わってしまいPDFをクリックすると「Microsoft Edge」で立ちあがってくるようになってしまうのです。

今のところ変わってしまう度に、PDFの既定のアプリの設定を変えるしかない状況の様です。

pdfの既定のアプリが勝手に変わる原因はわかっていませんが、WindowsでPDFと関連付けされている既定のプログラムの設定に何らかの問題が発生して既定のプログラム設定がリセットされてしまい、WindowsデフォルトのPDFリーダー「Microsoft Edge」に変更されているのかもしれません。

気付くと「Microsoft Edge」で立ち上がってくる理由も、そう考えると納得がいきます。

はっきりした原因が分かりましたら、随時記事をブラッシュアップしていきます。

PDFのプロパティから変更する

PDFを右クリックしてプロパティを開きます。既定のアプリが「Microsoft Edge」になっていますので「変更」をクリックします。
PDFのプロパティ画面

PDFの規定のアプリを「Microsoft Edge」から他のアプリに変えます。私の場合Adobe Acrobat Reader DCを選び「変更」をクリック。
既定のアプリの変更

PDFの規定のアプリがAdobe Acrobat Reader DCに変わりました。「OK」押して終了です。
PDFのプロパティ

Windows10、Windows11で大きくは変わらないので、上記方法で対応できると思います。

以上で、PDFのプロパティから変更する方法は終了です。

既定のアプリを変更する

Windows10での操作説明になります。

左下のスタートメニューから[設定]を開きます。

[システム]の設定画面が開いてきますので「アプリ」をクリックします。
Windows11のシステム設定の画面

[システム]ウィンドウの左側のメニューの[既定のアプリ]を選択し、左側の画面下部にある[ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ]を選択します。

[ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ]画面の左側より、「.pdf(PDF ファイル)」の左側にある[Microsoft Edge]をクリックし、[アプリを選ぶ]から任意のアプリケーションを選択します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました