KiCadのダウンロード・インストール方法のご紹介

CADの画像 KiCAD

当記事では、KiCad(キキャド)のダウンロード・インストール方法を紹介しています。

KiCadとは

KiCadは、フリーで使うことの出来るプリント基板設計CADです。

回路図作成・基板設計、そしてガーバーデータ出力までの全てを無料で行うことができます。

ガーバーデータを取り込む事もできるのでガーバービューアとしても使えて、ガーバーデータのちょっっとした編集も出来そうです。

KiCadのダウンロード

KiCad EDA
A Cross Platform and Open Source Electronics Design Automation Suite

KiCadの公式サイトからダウンロードできます。

KiCadの公式サイトはこちらからどうぞ。
KiCadの公式サイト

ダウンロードをクリックします。
KICadのサイト

インストールするマシンのターゲットOSを選択します。私の場合WindowsなのでWindowsのアイコンをクリックしました。
windows版のダウンロード
データサイズが1GBを超えるので時間がかかります。

64bit、32bitから選びます。ダウンロードサーバーが3つありますが、どこからダウンロードしても同じファイルがダウンロードされます。
KiCadのダウンロード

寄付を募る画面が表示され、ダウンロードが開始します。
寄付を求める画面

kicad-6.0.4-x86_64.exeがダウンロードされたら完了です。

KiCadのインストール

ダウンロードしたKiCadの実行ファイルをダブルクリック、又はファイルの上にマウスカーソルを持っていき、右クリックして開いたウィンドウの中の「管理者として実行」を選ぶとインストールウィザードが始まります。

「NEXT」をクリックします。
KiCadのインストール

デフォルトのまま「NEXT」をクリックします。
KiCadのインストール

「INSTALL」をクリックします。
KiCadのインストール

MicroSoft Visual C++のインストールが、まず開始されます。
KiCadのインストール

MicroSoft Visual C++のインストールが終わるとKiCADのインストールになります。
KiCadのインストール

インストールが終了したので「FINISH」をクリックします。
KiCadのインストール

以上で、インストールが完了しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました