cadvance viewer

パソコンの画像 レイアウト設計CAD

cadvance viewer(正式名は CADVANCE αⅢ EyeDesign)を使ってCADVANCE αⅢというPCB設計CADで設計されたデータ(拡張子が"pcpa"の設計データファイルと拡張子が"pcsy"の部品データファイル)をPCの画面に表示して見る事が出来るCADVANCE用のビューアです。

ただデータを見るだけでなく距離測定や配線幅、ネット毎での全層の配線状態を調べたり出来ます。印刷も出来るのでプリントアウト先をPDFを作成するプリンタードライバに変えればPDFファイルへ変換できます。

CADVANCE αⅢ EyeDesignには有償版と無償版があり、無償版は有償版と比較すると使える機能が劣りますが、CADデータを見ていろいろと調べたいという要求には応えてくれます。

無償版でも検図に必要な機能が備わっているので検図を行うことが出来る。

CADVANCE製品のWEBでサービスとサポートが2021年3月31日をもって終了しますのでダウンロード出来る期間が残り僅かです。必要であれば駆け込みダウンロードする事をおすすめします。

有償版は検図結果をCADデータ内で朱書きを用いて、こうして欲しいという事をプリント基板のレイアウト設計者に伝える事が出来ます。

朱書きを加筆したデータを送付するだけで、別途手間をかけてこうして欲しいという内容を指示するデータを作成しなくても大丈夫になり、手間を省くことができます。

使用例としまして参考ですが、朱書きをしたデータを”検図結果”や”変更指示9月10日”等ファイル名に追加することで一目で何のファイルかが判り易くデータの整理が容易になります。

(全角文字を使用した日本語のファイルも読み込めますので問題ありません。)

無償版EyeDesignは有償版EyeDesignとインストーラが共通です。

インストール後にライセンス認証を行わない場合は自動的に無償版EyeDesignとして動作します。

無償版は、朱書き機能を利用しての指示は出来ませんが、ネット単位での接続状態の検索や、注意が必要な部品の検索が可能で、構成する要素データの参照も出来ます。

配線の引き廻しや部品の移動などの変更が必要な場合には画面のハードコピーをエクセル等に張り付けて変更指示資料を作成する事が出来ます。

ここまで追記

有償版になりますがcadvance viewerで朱書きが出来るようになります。

制度を必要とする指示には向きませんが、こうして欲しい等の必要な指示を簡単な絵とテキストを使用して伝えることが出来ます。

又、朱書きを利用することにより、別途PDFを作成してコメント入れ込む等の作業がさくげんされ無くなり、朱書きしたデータを保存し送付すれば、設計者は朱書きを取り込む事が出来るので印刷のコストダウンにも貢献します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました