Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)がサポート終了になります。

windows10の画像 Windows

マイクロソフトのInternet Explorer(インターネット エクスプローラー)がサポート終了になる。まずはMicrosoft 365でのInternet Explorer(インターネット エクスプローラー)11のサポートが2021年8月17日に終了し、2022年6月15日に一般ユーザー向けの全Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)11がサポート終了となる。

サポート終了後はInternet Explorer(インターネット エクスプローラー)11向けのアップデートは基本行われません。

Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)は、マイクロソフトが開発したウェブブラウザで、Windows95依頼、Windowsには標準で装備されてきました。

Windows10から標準ブラウザがMicrosoft Edgeになりましたが、Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)11も搭載されています。

なお、サポート期間中は、セキュリティアップデートの提供も継続されます。

私的には、windows95やwindows98、windows XPの頃は、Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)を当たり前の様に使っていました。

IEやMSIEと略称で呼ばれていて、かつては一世を風靡していたブラウザという印象がありますし、サポートが終了するという情報に時の流れも感じます。

でもwindows7の頃から「FireFox」を使う様になりInternet Explorer(インターネット エクスプローラー)を使う事は少なくなっていました。

windows10になった今も自宅PCは「FireFox」ですし、会社ではグーグルの「Chrome」ですし、使う機会が激減してました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました