三回目の緊急事態宣言が延長の方向で調整に入る

ニュース ニュース・トピックス

緊急事態宣言日本政府は、東京都、大阪府、京都府、岐阜県の4都府県に4月25日から発令している緊急事態宣言について当初の期限である5月11日を延長する方向で調整に入ったと伝えられています。

緊急事態宣言発令から5月11日までのおよそ2週間という短い期間内に、緊急事態宣言を解除できる水準まで感染を抑え込めるかどうかが焦点でしたので、延長と言う結果から判断すると解除できる水準には至らなかったいう事になります。

三回目の緊急事態宣言は、集中的に対策を講じる事て短期間で感染者数を解除水準まで引き下げるという方針なので、酒やカラオケを提供する飲食店などに加え、百貨店やショッピングセンターなどの大規模な施設に休業を要請するという今までの緊急事態宣言時の要請より更に踏み入った内容になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました