パナソニックのプリント基板材料R-1766の在庫が逼迫しているようだ

プリント基板 プリント基板

パナソニックの一般向けプリント基板材料R-1766の在庫が突出して逼迫しているようです。

影響は?というと試作基板や量産基板の納期調整を行わなければならない状況になっています。

何の前触れもなく、突如浮上してきた在庫の逼迫。

2019年の台風19号でパナソニック郡山工場が被害を受けてプリント基板の基材が入らなくなった事もありますが、今回は自然災害の影響を受けた訳でも無く、はっきりとした理由もわかない状況の中で試作基板の納期を調整する事態になっています。

パナソニックのR-1766の在庫が逼迫しているという情報を知ったのは、試作基板を制作しようとしたところ基材の在庫が逼迫していて通常納期では作れないという状況になったのです。

他にも試作予定の基板があるので事前確認したところ試作枚数によっては基材が足りなくなるかもしれないと言の事、よほど逼迫しているんだなと改めて思った次第です。

R-1766の不足が一時的なのか?長期に渡るのか?は今のところ判りません。

コロナ禍で部品や材料の不足で生産が止まってしまい、物作りに影響を与えている事は報道されているので知っています。

今回のプリント基板の材料の在庫逼迫が一時のものであって欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました