テレワークのメリット・デメリットを2週間経過しまとめてみた

在宅ワークの画像 テレワーク

緊急事態宣言の発令と同時にざいたくテレワークが始まりました。
1週目はわかない事だらけで、あっという間に過ぎました。

2週目になると環境に慣れてきたのを感じます。
テレワークのリズムも掴めつつあります。

現状、テレワークと外出自粛のゴールが政府発表の5月6日までという目標がありますので、あと少しの辛抱です。

テレワークを2週間、経験してみて感じたメリット・デメリットを挙げてみましょう。

広告

テレワークのメリット

・リスクの高い公共交通機関を利用しなく済む。
・リスクの高いエレベーターを使用しなくて済む。
・人との接触を8割以上下げられる。
・毎日、帰宅途中に寄っていたスーパーやコンビニに行く頻度が下がる。
・マスクを外して大勢で会話しながら喫煙していた喫煙所に行かなくて済む。
・服装に気を使わなくて済む。
・シャワーが毎日じゃなくなるので水道代が減る。
・歩くことで多かれ少なかれ運動になっている。
・マスク、除菌スプレー、除菌ウェットティッシュの消費を抑えられる。

メリットの大部分が密を避ける事に繋がる内容になっています。
感染を拡大しない為には、重要な事ですね。

テレワークのデメリット

・仕事とプライベートの境界があいまいになる。
・今までかからなかった、平日昼間の水道・光熱費がかかる。
・食事のバランスを考えないと栄養が偏る。
・食べる量が増える。
・出勤時より仕事の効率が悪くなる。
・在宅ワーク+外出自粛でストレがたまる。
・晩酌と喫煙の量が増える。
・シャワーが毎日じゃなくなるので、不衛生になる。
・ほぼ歩かないので運動不足になる。

メリットにもなる事がデメリットにもなっています。

テレワーク後や休日の外出が自由であればストレス発散もでき、気分転換もできたのでしょうが、
今回は、かなり事情が違っています。

期間が長くなれば、長くなるほど辛くなる。
そう思います。

まとめ

緊急事態宣言が発令されてテレワークが始まりました。
同じ状況の方が大勢いるかと思います。

最初の1週目はわけがわからないうちに過ぎるでしょう。ですが2週目には慣れてきます。

テレワークにはメリット・デメリットがあります。
今回のテレワークは、外出の自粛も含むので身心ともに疲れますしストレスも半端なくたまります。

今まで、当たり前の様にしていた外食や買い物、散歩などが当たり前に出来ない状況になってしまった。
政府発表の5月6日というゴールまであと少し、頑張るしかない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました