インサーキット・テスタ用のパッドが設計の難易度を高くする

当記事では、インサーキット・テスタ(ICT:In-circuit Tester)について紹介しています。

プリント基板の設計をしているとインサーキット・テスタ用のパッドを設けた基板の設計をする事があります。

sインサーキット・テスタ用のパッドは(In-circuit Tester)の頭文字をとってICTパッドという略称で呼ばれたりもします。

どんなものかというと、レイアウト設計上では、穴が開かない表面だけのパッドの場合もあればバイアと兼用する時もあります。
ピンが当たれる様にレジストは開口しています。

プリント基板には表面と裏面があるのですが、裏面だけにICTパッドを設ける場合もあれば、表面と裏面どちらでもよい場合もあり、

インサーキット・テスタ用のパッドは基本的に1ネットに1つ設けます。

全くのゼロからの設計であれば制約さえ守っていれば、ある程度自由な位置に配置できます。

手強いのが、改版の場合です。
インサーキット・テスタを変えないで欲しいといった制約がある場合があります。

部品の実装密度が高い場合は、インサーキット・テスタ用のパッドを置くことが困難な場合もあります。

インサーキット・テスタとは

インサーキット・テスタ(ICT:In-circuit Tester)とは、基板に実装された個々の部品を電気的に検査を行う装置で、目視検査では発見が出来ない不具合いを発見する事が出来ます。

又、インサーキット・テスタは実際の基板の動作電流よりも小さな電流て検査するので、部品を壊すことなく検査することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました