AMDの「Ryzen」モデルがラインアップに加わり選択肢が広がったHUAWEI MateBook 13

パソコンの画像 PC・タブレット本体

HUAWEI MATEBOOK 13

自宅のメインPCとしてHUAWEI MateBook 13を使っています。

同価格帯の他機種と比べてスペックが高いというのがHUAWEIの送り出すPCやタブレット、スマホの特徴です。そして作りもしっかりしていて卒が無く所有している事の満足感も得られる。

毎日の使用にも耐えてくれていますし、今この記事を書いているのもHUAWEI MateBook 13を使っています。

私が持っているのはHUAWEI MateBook 13は2018年モデルでCPUはcore i5のモデルです。
メインメモリ8GB、PCIe接続された爆速のストレージはSSD256GB。

使っていて不満な部分は見当たりません。

CPU業界ではAMDの「Ryzen」がインテルのCPUを抜いてニュースになっていたのは記憶に新しいところですね。

HUAWEI MateBook 13にもAMDの「Ryzen」を搭載したモデルがラインアップに加わりました。

HUAWEI MateBook 13 AMDのスペック

メーカー HUAWEI
商品モデル名 HUAWEI MateBook 13 AMD
製品サイズ 約286mmx約14.9mmx約211mm;約1.3kg
カラー スペースグレイ
CPU AMD Ryzen 5 3500U
RAM容量 DDR4 8 GB 2400 MHz
ストレージ容量 256 GB PCle SSD
グラフィックアクセラレータ AMD Radeon™ Vega 8
画面サイズ 13インチ
解像度 2160 x 1440(200 PPI)
OS Windows 10 Home
AMDの「Ryzen」を搭載したHUAWEI MateBook 13

HUAWEI MateBook 13のおすすめポイント

HUAWEI MateBook 13シリーズはCPU違いやストレージ容量違いでバリエーションがありますが、全てに共通しているのは、同価格帯のPCよりもスペックが高いという点です。

つまり同価格帯の他メーカー製品よりも満足度が高いという事です。

作りもしっかりと作られていてワンランク上の質感を持ち合わせている。

13インチPCですがベゼル幅が狭いのでコンパクト、解像度も2160x1440ドットと2Kサイズなのもおすすめのポイントになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました