還元くんで作る水素茶生活を始めて10ヶ月が経過しました

還元くんの画像 還元くん

還元くんを購入したのが昨年の12月下旬。早いもので10ヶ月が過ぎようとしています。

購入したての頃は12月中旬でとても寒く、人肌程度に温めた緑茶を注いで発泡スチロール製の箱に入れて温度が下がりすぎるのを防ぐ対策をしていました。

水素茶作りに気を使い、とても手間がかかった記憶があります。

水素茶を作る為だけに少しだけ早起きをしていました。

還元くんが水素茶を生成するには気温が15℃以上の事とトリセツに書いてあります。

温度が低いと水素茶を作る能力が下がるので、出来るまでに時間が多くかかったり、最悪の場合ですが水素茶にならない時もあります。

ですから冬場は保温対策が欠かせない。時には冷え込みが厳しくて24時間経っても電位が下がらない時もあるかもしれません。

還元くんでの冬場の水素茶作りは意外と気を使い、春先の暖かい日が来るまで水素茶作りにおいては気を抜くことが出来ません。

今年も、すっかり冷え込むようになり保温に気を使う季節の到来だなと改めて感じています。

OJIKA Industry 還元くん3(低電位水素製造ボトル) 850cc 1本 黒色ボトル<還>

OJIKA Industry 還元くん3(低電位水素製造ボトル) 850cc 1本 茶色ボトル<元>

OJIKA Industry 還元くん3(低電位水素製造ボトル) 850cc×2本セット

コメント

タイトルとURLをコピーしました