hpglを読み込んでpdf に変換するならplocomp

パソコンの画像 有料ソフト

PloCompというソフトがあるのですが、かなり使えるので紹介をしたいと思います。私は実際に業務で使用しています。

主に図面作成用として使っていますが、時にはビューワとしても使用しています。

業務で主に使用している図面のフォーマットはhpgl、dxf、PDFです。

PloCompでは、主にhpglを読み込んでdxfやpdfの図面を作成しています。

PloCompの特徴

ファイルの入力、出力ともに非常に多くのフォーマットに対応しています。最大20ファイルを異なるレイヤーに色違いで同時に読み込めるというのも優れている点です。

入力フォーマット:HPGL,HP-GL/2,HP RTL,PDF,DXF,DWG,GERBER,NC-Drill,IGES,SXF,EMF,TIFF,JPEG,Bitmap,PCX,FPX,GIF,PNG。

出力フォーマット:PDF,HPGL,HP-GL/2,HP RTL,EMF,TIFF,DXF,DWG,IGES,SXF,JPEG,Bitmap,PCX,FPX,GIF,PNG,プリンタ,プロッタ,クリップボードへ白黒で,カラーコピー。

最大で20枚までの複数図面を異なるレイヤーに読み込んでの重ね表示、並べ表示が可能。図面毎に表示のON/OFFもでき、任意の図面だけ重ねて表示する事も出来ます。

20枚重ねた事はありませんが、hpglデータ2枚を色違いで重ねて読込み、変更部分の差分がわかりやすいPDF図面を作成した事はあります。

取り込んだ図面原点がずれていても、計測機能が有りますのでずれている値を知ることが出来るので、原点の合わせ込みもplocomp上で完結します。

色違いで新旧データを色違いで取り込めば、差分チェックも楽々こなします。

主に2枚を重ねて使用する事が多く、変更前と変更後のhpglでファイルを色違いで重ね合わせて差分のわかるPDFデータにするというものです。

PDFデータを読み込んで、DXFデータに変換も出来ます。

どんな場面で使うのか?というと、私の場合ですがロゴマークを「プリント基板にシルク表示して欲しい」とう依頼を受ける事が、たまにあるんですね。

ロゴマークを0から作成するのは手間がかかるのですが参考データとしてPDFを支給してもらい、plocompに読み込みdxfデータに変換する。

出来たdxfをレイアウト設計のCADに取り込み、塗りつぶし処理を施してロゴマークのシンボルを作成したことがあり、plocompの優秀さを感じました。

複数フォーマットを読み込めるのでいろいろなフォーマットデータのビューワとしても使用でき、重宝しています。

ダウンロード

公式サイト一番下の方にダウンロードの項目があり、PlocompとPDFマニュアルがダウンロードできます。

plocompの公式サイト

ダウンロードの際、個人情報の登録はありません。

PloCompのプログラムはインストール後にライセンスを設定すると有料版になり、ライセンス入力無しだと30日間限定のお試し版になります。

お試し版で30日間はPlocompの機能を制限なしに使えます。

30日使用してみて費用対効果があると思えば購入し、思わなかったらアンインストールする。

まとめ

Plocompは多彩なフォーマットのデータを入出力出来るビューアです。

私は、主にhpglからPDFに変換するのに使用しています、たまに支給されたロゴマークのPDFをとりこんでDXFで出力するのに使ったりもしています。

公式サイトからダウンロードが出来て、30日間はお試し版として自由に使う事が可能。

機能の制限はなく有料ソフトそのままのお試し版なので、豊富な機能にびっくりするでしょう。

お試し期間を経て買う、買わないは自由です。

余談になりますが、私が使っている新しいレイアウト設計CADシステムはHPGL出力機能を持っていません。
ですので、HPGLをPDFに変換する事もこの先は無くなっていくので「Plocomp」の使用頻度は下がっていくと予想しています。。

HPGLフォーマットは過去の物になりつつあるのかもしれません。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました