本ページは広告リンクやPRが含まれます

SI解析をする様になって知った専門用語の備忘録

オシロスコープの画像 SI解析
広告

当記事では、SI解析をする様になって知った専門用語を紹介しています。

SI解析を行う様になってからというもの、今まで聞いた事の無い言葉に日々出会います。判らない言葉を調べると、答えに辿り着く事もありますが答えに辿り着けない事も多々あります。

世の中には知らない言葉がまだまだあることを思い知らされます。それらは、SI解析の準備に必要なデータの名称だったり、信号の波形を表す言葉だったり、基板の材料の特性を表す言葉だったり、デバイスがどういう仕組みで信号のやり取りをしているかの言葉だったりと、多岐にわたっています。

それらの言葉は、突然できたわけではなく私が知る以前から存在していたけれど、基板設計には無縁の言葉でした。

聞いた事があるかもしれないけれど、何のことやら?という風に右の耳から入り左の耳から抜けていく言葉。それが、SI解析を行う上で必要になり一気に距離が縮まって知っていなければいけない言葉となりました。

SI解析で知った専門用語

SI解析をするようになると、いろいろな専門用語を知っていると解析時間の短縮につながります。
そんな、専門用語を備忘録として纏めました。

波形の周期とパルス幅

波形には周期があります。パルスの立ち上がりからピークパワーの半値点と立ち下がりの半値点との間の時間間隔をパルス幅といいます。

パルス波の周期とパルス幅

クロストーク

クロストークを直訳すると「おしゃべり」です。基板上でのクロストークは伝送線路を伝搬する信号のエネルギーが、隣接する伝送線路に移るという現象です。隣り合う信号線のクロストークや、上下の層とのクロストークの影響で波形が歪み問題になる時があります。

プリレイアウトシミュレーション

基板設計の部品の位置関係や最大配線長や配線の引き方などの基本設計ルールをシミュレーションから導いて決定すること。

ポストレイアウトシミュレーション

インサーションロス

インサーションロスを、日本語で表現すると挿入損失になります。

私自身もピンとこないのですが、2端子間で構成する高周波回路で、1つの端子からもう1つの端子に伝送する際の電力の損失をdB (デシベル)で表したものです。

Rise time・Fall time

スルーレート

スルーレート

CASレイテンシ

CASレイテンシのCASは(Column Address Strobe latency) の略で、コンピュータのメインメモリに用いられるDRAM(Dynamic RAM)の性能指標の一つ。

アクセスしたい記憶素子の列アドレスを指定する信号(CAS信号)を送ってからデータが届き始めるまでにかかる遅延時間のことです。

データ転送における指標のひとつで、転送要求を出してから実際にデータが送られてくるまでに生じる通信の遅延時間を指します。

サーデス(SerDes)

サーデス(SerDes)とは、シリアライザ(SERializer)とデシリアライザ(DESerializer)単語の頭から3文字を繋げた言葉。コンピュータのバス等をシリアル変換し、受信時にパラレル変換する回路のどちらも持ったもの。

波形の周期とパルス幅

オクタル

オクタルとは、8進数のこと。
0~7の数値を使い8になると桁が上がります。

随時、追記していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました