還元くんで作った水素茶を毎日飲んでいます。

還元くんの画像 還元くん

還元くんというハイテク技術で作られた陶器製ボトルを購入し、水素茶を毎日飲むようになってから早いもので5か月目になろうとしています。

年末年始の休日などで7日くらい水素茶を作っていない日がありますが、それ以外は毎日水素茶を作り続けています。

残業で遅くなる事もあり、お茶の入れ替えが面倒になる時もありますが健康の為と自分に言い聞かせて、帰宅後は還元くんのメンテナンスを第一優先にして今日まできました。

今現在は水素茶を朝と夜に別容器に移して新しい緑茶を注いで1日2回作るというルーチンです。

朝作った水素茶850mlは勤務時間内で飲み干すことが出来ますが、残業をして帰宅時間が遅くなった時に別容器に移した水素茶を飲み切ることがしんどい。

帰宅が午後10時として就寝が午前2時の場合、わずか4時間弱で850mlを飲み切るので夜中や明け方に尿意で目が覚める。トイレが超まめになります。

広告

還元くんで作られた還元水素茶を毎日飲むコツは当たり前のことですが毎日誰かが還元くんに適温(人肌程度の温度)にしたお茶を注いで作らなければなりません。ですのでコツは毎日欠かさずに酸化還元電位の低い水素茶を作り続ける事になります。

水素茶を毎日作っていると還元くんの取り扱いにも慣れるし、還元くんでの水素茶作りのノウハウを学べます。

例えば、市販されている異なる商品名の緑茶をミックスしても緑茶どうしなら問題なく還元水素茶ができるとか、一日に4回還元水素茶を作る方法とか、寒い環境での水素茶作りはどうしたら失敗しないかとか、緑茶からウーロン茶や紅茶に変えた時は再起動が必要なのか。など経験から得られる知識が蓄積していきます。

還元くん購入当初は、取り扱い説明書やネットから得た情報で水素茶をぎごちなく作っていましたが、日々作り続ける事で還元水素茶作りのベテランとまではいきませんが当たり前になってきた感があります。

出来た水素茶は別容器に移して職場に持参して、勤務中にちびりちびり飲んでいます。

別容器に移すことや還元くんに新しい緑茶を注ぐのが面倒だなと思う時もたまにありますが、しっかり作り続けていきたいと思います。

OJIKA Industry 還元くん3(低電位水素製造ボトル) 850cc 1本 黒色ボトル<還>

OJIKA Industry 還元くん3(低電位水素製造ボトル) 850cc 1本 茶色ボトル<元>

OJIKA Industry 還元くん3(低電位水素製造ボトル) 850cc×2本セット

コメント

タイトルとURLをコピーしました