台風19号がプリント基板業界に与えたインパクト

台風19号の進路予想 プリント基板

猛烈な風と雨、とりわけ本州の関東中部から東北にかけて太平洋側、日本海側問わずにほぼすべての河川を危険な状態にした物凄い雨量は記憶に新しいところですね。随分前の事のように思えますがつい2カ月前の事です。

その甚大な雨量に、日本のプリント基板業界が巻き込まれていたのです。

東異本大震災の時も部品工場が被害を受けて、市場で部品不足が生じた事もあり。自然の前では私たち人間の力なんて微々たるものなんだという事を思い知らされますね。

広告

東日本大震災の時も、都北地方にある電子部品を作る工場が被害を受けて部品が手に入らないという事を耳にしました。

物作りに業界においても、自然災害の影響を以前より大きく受ける様になってきたんじゃないか?という気がするのは私だけでしょうか。

平成に入ってから以前は数年に一回程度の頻度だった自然災害のニュースを毎年聞くようになったのは。異常気象の原因は、地球温暖化の影響が大きいのかもしれません。

地球温暖化の影響で台風が今までより発達し甚大な被害を及ぼす様になってきた気がします。

プリント基板の基材で国内シェアの40パーセントと言われているパナソニックの郡山工場。
河川の氾濫で浸水し基材の生産が出来なくなるという状況に陥っってしまったのです。

今現在、基材が無いのでプリント基板が作れないという状況になっています。

新規開発であれば、国内他社の基材に変えれば凌げますが、改版品や量産品はどうする事も出来ません。

国内他社品も突然の受注増にキャパオーバーになっていると聞きます。

パナソニックの郡山工場の復旧が今年いっぱいと発表があり、待っている状態なのです。

台風19号のもたらした大雨の影響が、巡りめぐって私の仕事に今年いっぱい、あるいは来年初頭まで影響を与える。

台風19号では近づく前から近畿地方で河川が氾濫し、近づいてからは関東世以北の河川が氾濫して多くの人々が甚大な被害を受けています。

実被害を受けた方、実被害を受けていない方も含めてあらゆる所で影響を受ける。という台風19号の想定外の被害にびっくりしています。

地球温暖化の影響で海水温度が高くなり台風が強大化していると言われています。これだけ科学や文明が発達しても自然災害を防ぐ術は今のところありません。

来年、再来年どうなっているのでしょうか。年々被害が大きくなっていくのでしょうか。

心配です。

万が一の時に備えて

避難生活で必要な防災グッズをセットした非常持出袋

コメント

タイトルとURLをコピーしました