本ページは広告リンクやPRが含まれます

Windows10のサポートは2025年10月に終了

Windows10 Windows
広告

この記事では、Windows10のサポートは2025年10月に終了することを紹介しています。

Windows10のサポート期限は2025年10月14日となっています。これは最終バージョンのサポート期限であり、バージョンによっては、 それよりも前にサポート終了する場合もあるので注意しましょう。

Windows10のバージョンごとのサポート終了日は、以下のとおりです。

Windows10のバージョンサポート終了日
Version 21H22023年6月13日
Version 22H22025年10月14日

最後のバージョンのWindowsという触れ込みで2015年に発表されたWindows10ですが、Windows11が発表されて最後のバージョンのWindowsではなくなりました。サポート終了まで 2年をきりまりた。職場で新しく導入されるPCがWindows11という話を実際に聞くようになりwindows10のサポート終了が近付いてきたことを肌で感じるようになった。

考えてみれば、あと1年半もありません。Windows10のサポート期限終了が、Windows10ユーザーにとってWindows11にアップグレードするかどうかを判断する分岐点といえます。

Windows10のサポートは2025年10月14日まで

2年をきったWindows10のサポート終了。
Microsoftの公式ページのアナウンス。

Windows 10 は 2025 年 10 月 14 日にサポート終了となります。 現在のバージョンである 22H2 は Windows 10 の最終バージョンであり、すべてのエディションはその日まで毎月のセキュリティ更新プログラムのリリースで引き続きサポートされます。 既存の LTSC リリースでは、特定のライフサイクルに基づいて、その日以降も引き続き更新プログラムが受信されます。

引用元:Windows 10 Home and Pro

Windows10のサポート終了後はどうなる

windows10のサポートが終了すると、それまでは提供されていたOSのセキュリティ更新プログラム、テクニカルサポートの提供がされなくなります。Windowsの更新プログラムは、不正アクセスやサイバー攻撃からPCを保護するために必要不可欠です。新たな脆弱性が発見された場合や不具合が見つかった場合、その脆弱性や不具合を修正するプログラムが提供されないままパソコンを使い続けることになってしまい、外部からサイバー攻撃を受けてしまう可能性があります。

Windows11 無償アップグレードすべきか

脆弱性や不具合を抱えたままWindows10のパソコンを使い続けるよりは、OSがサポートされているという安心感を得るには、PCがWindows11のシステム要件を満たしているのであれば、Windows11への無償アップグレードをするか、システム要件を満たしてなければWindows11がインストールされた新しいPCを購入をしたほうがよいといえます。

Windows XPからWindows7、Windows7からWindows10に移行したようにWindows10からWindows11に移行が必要だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました