PCエンジン miniが発売された

PCエンジンミニの画像 ゲーム

随分前の話になりますが、私はゲームが好きな時期がありました。
今はほとんどゲームはしません。

結婚したての頃の事です、暇を持て余していて何かする事はないか?と考えた時に、そうだゲームがあるじゃないか。とそこからゲームにはまりました。

ファミコン、スーパー・ファミコン、PCエンジン、セガマークⅢ、メガドライブ、メガCD、3DO、ネオジオCDといろいろなハードを所有していました。

全部、定価で買ったわけではなくハード終焉期に格安で買った機種も含まれます

ソフトはさすがに買えないので、ハード終焉期に格安になったところを狙って買っていた。
今、振り返れば贅沢な暮らしをしていたなと思います。

あれから、時は流れ過去の家庭用ゲーム機がミニシリーズで復刻版として発売されスマッシュヒットしています。
「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」、「プレイステーション クラシック」、「ネオジオミニ」、「メガドライブミニ」など人気ゲーム機の復刻版が発売されてヒットし注目を浴びました。人気ゲーム機の復刻版がブームになっていたんですね。

私は、全て気になったのですが、メガドライブミニだけしか購入しませんでした。

PCエンジン本体はNECから発売されたハードですが、開発元はハドソンです。
後から発売された家庭用ゲーム機と比較しても、家庭用ゲーム機の中でずば抜けて本体が小さかった印象があります。

PCエンジン miniの公式サイトを見ると、面白そうなラインナップになっています。
収録ソフト数も58本と多いです。

私はPCエンジン時代のナムコ作品が好きです。
私が思うに当時ナムコはPCエンジンに本気で取り組んでいたと思えるからです。

理由は、ナムコが持っている豊富なアーケードゲームを、遜色なく移植できる唯一の家庭用ハードだったから。
ファミコンへの移植は、かなりのデフォルメが必要でコンセプトは踏襲できても中身は別物になってしまいます。

ドラゴンスピリットやスプラッターハウスなどファミコンでは再現不可能なアーケードゲームをハードの制約と闘いながら本気で移植している、そう思います。

そんなナムコの力作であるドランゴンススピリットが収録されたPCエンジン miniが気になりましたが、ちょっと高価なので見送ろうかという事で落ち着きました。

PCエンジン miniはアマゾン専売です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました