メガドライブミニ W 購入しました

メガドラミニWの画像 ゲーム

ミニファミコンが発売されて大ヒットしたのをきっかけに、ミニスーファミ、ネオジオミニ、メガドライブミニ、PCエンジンミニと往年のレトロゲーム機がミニサイズ化されての復刻版がブームになっています。

任天堂のミニファミコンやミニスーファミ、SNKのネオジオミニも気になっていたのですが全てを買うまでには至らずに、気にはなる存在なのですがスルーしてきました。

私はどちらかと言うとPCエンジンとメガドライブが好きだったので、メガドライブミニが発売されるという事を知った時には喜んだものです。

発表から発売まで、1年ほどかかりましたが、ついにメガドラミニ wを手に入れました。

私が購入した『メガドライブミニ W』は、最初からコントロールパッドが2個ついているモデルになります。

メガドライブミニのスペック

コントローラーが1つのモデルと2つのモデルがあります。

コントローラーが1つ同梱の「メガドライブミニ」、コントロールパッド2個が同梱の「メガドライブミニ W」。

付属するコントローラーは6ボタン装備のファイティングパッド6Bです。

今では当たり前の多ボタンコントローラーですが、格闘ゲームが社会的流行になり6ボタンのコントローラが標準で装備される様になる前は2ボタンや3ボタンが当たり前でした。

コントローラーが1つの「メガドライブミニ」を購入したけど多人数でゲームがしたくなったら、コントローラーとコントロールパッドはセガストアで単品販売されています。

メガドライブミニのデザインは1988年に発売された初代メガドライブを縮小したもので、廉価モデルであるメガドライブ2の縮小モデルではありません。

カートリッジスロットの開閉やヘッドフォンボリュームのスライドなど、縮小されていますが懐かしい動きが再現されています。


本体サイズ 幅 154mm × 高さ 39mm × 奥行 116mm
コントローラーサイズ 幅 140mm × 高さ 70mm × 奥行 29mm
コントローラーケーブル 長さ 約2m
入出力端子 HDMI端子、USB端子(USB Micro-B)
映像出力 720P、480P
音声出力 HDMIからのリニアPCM出力

メガドライブミニの収録ソフト

メガドラミニ 収録ソフト

40本+新規2本の計42本のソフトが内蔵されています。

メガドラミニの目玉として、メガドラ時代に未発売の『ダライアス』の新たな移植とライセンスの問題で未発売に終わった『テトリス』が収録されるインパクトはかなり大きいです。

当時メガドライブ版の「テトリス」(開発元はシムス)は海賊版が高値で売られていて、たまたま購入して持っていました。

アーケード版と比較して落ちてくるブロックの動きがいまいちという記憶があります。

メガドライブミニに収録されている「テトリス」をプレイしてみて思ったのは、メガドライブ版の「テトリス」の収録というよりアーケード版そのままをメガドラミニに落とし込んだ内容になっています。

私としては新規収録はもちろんですが、メガドライブ現役時代に気になっていたけど買わなかったタイトルが盛りだくさんなのがうれしいです。


ソフト名 ジャンル
スペースハリアーII シューティング
大魔界村 アクション
ゴールデンアックス アクション
重装機兵レイノス シューティング
サンダーフォースIII シューティング
コラムス パズル
武者アレスタ シューティング
レッスルボール スポーツ
レンタヒーロー ロールプレイング
スーパーファンタジーゾーン シューティング
シャイニング・フォース ~神々の遺産~ シミレーション
アリシアドラグーン シューティング
ランドストーカー ~皇帝の財宝~ ロールプレイング
ソニック・ザ・ヘッジホッグ2 アクション
アイラブ ミッキー&ドナルド ふしぎなマジックボックス アクション
ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌 アクション
スノーブラザーズ ここに説明文を入力
スラップファイト シューティング
ロード・ラッシュII ここに説明文を入力
ガンスターヒーローズ シューティング
ストリートファイターIIダッシュプラス CHAMPION EDITION 格闘
パーティークイズ  MEGA Q バラエティー
ダイナブラザーズ2 ここに説明文を入力
ファンタシースター ~千年紀の終りに~ ここに説明文を入力
VAMPIRE KILLER(バンパイアキラー) ここに説明文を入力
タントアール ここに説明文を入力
モンスターワールドIV ここに説明文を入力
ロードモナーク ここに説明文を入力
ハイブリッド・フロント ここに説明文を入力
ダイナマイトヘッディー ここに説明文を入力
ラングリッサーⅡ ここに説明文を入力
魂斗羅・ザ・ハードコア ここに説明文を入力
幽遊白書 ~魔強統一戦~ ここに説明文を入力
ロックマンメガワールド ここに説明文を入力
ストーリー オブ トア ~光を継ぐ者~ ここに説明文を入力
ゲームのかんづめ お徳用 ここに説明文を入力
コミックスゾーン ここに説明文を入力
魔導物語Ⅱ ここに説明文を入力
ダライアス ここに説明文を入力
テトリス ここに説明文を入力


私はリアルメガドライブ発売と同時にハードを購入しました。

本体は発売されたのですが、暫くの間はソフト不足で満足に遊べない状況が続きました。

それまでのセガのゲーム機はセガだけがソフトを供給(開発は複数社)していたのですが、メガドライブではサードパーティーが参入して少しずつソフトが充実していった事を思い出します。

中でも、テクノソフトが開発したサンダーフォースⅡとセガのファンタシースターⅡはファミコン通信の売り上げトップ3にランクインしてメガドライブもやるじゃんって、メガドライバーは盛り上がったものです。

そんな当時のどうでもいい思い出を蘇らせてくれる『メガドライブミニ W』を買ってよかったと思います。

メガドライブが現役の当時に遊んだ事のないソフトも多数収録されていて楽しみです。

当時のゲーセンでサラリーマン達の間で大人気だった幻のアーケード版『テトリス』が新規収録されるのは目玉ですね。

SIMS開発と言われるリアルメガドライブの海賊版『テトリス』を持っているのですが、再現度が今一でしたので。

まとめ

今では、ゲーム機本体を作っている日本のメーカーは任天堂とソニーですが、かつてはセガやNECもゲーム機本体を作って販売していました。

その一つがメガドライブという機種です。

任天堂のファミコンとスーパーファミコン、NECのPCエンジンと磁気的にダブります。

メガドライブは日本ではマイナーな存在でしたが、北米では成功したハードです。

ゲームソフトはROMカートリッジ式で供給され、CD-ROMが当たり前になる1世代前のハード。

コメント

タイトルとURLをコピーしました