緊急事態宣言が解除になりそうです

緊急事態宣言 ニュース・トピックス

2021年3月21日をもって2回目の緊急事態宣言が解除の方針で政府の意見がまとまりつつあります。

この先、東京オリンピック開催も控えているし緊急事態宣言の解除後に、いかにして第四波を抑えるのかが重要になってきます。

ある程度の制限をかけないとコロナ感染が右肩上がりで増えるでしょうし、制限をかけすぎると経済が影響を受けるだろうし、かじ取りが

時短営業要請を受けていた飲食店やショッピングモール等も通常営業に戻るのかそれとも時短営業の要請は継続するのか微妙なところですよね。

Go To トラベルやGo To イート事業の復活は現時点で考えると無理だろうし、緊急事態宣言が解除されても制約の多い日常を続けなければならないと思います。

通常は家呑みオンリーなのですが、緊急事態宣言下の時短営業時に飲食店を訪れた時のことです。

休日前の金曜日に「軽く一杯やろう。」という事になり定時で帰社して店に着く頃には6時を過ぎています。

生ビールとつまみを注文して世間話しをしていると、あっという間にラストオーダーの午後7時。

時短という事でいつもより早いピッチで生ビールを飲むので酔いの回りが超早いんです。

酔いの回りが早い状態で生ビール2杯をオーダーしてからの残り1時間で飲むことが大変。

閉店後、午後八時を少し回った時間なのに千鳥足で真っすぐに歩けない状態で部屋に着いて速攻寝落ち、夜中に目が覚めて眠れずに冷蔵庫の「のど越し生」を飲むというアルコール漬けの日を過ごしました。

単身赴任先だから家族には知れていませんが、実家だったら叱られたでしょう。

自分のペースで飲食することが難しく、ラストオーダーで余剰に注文していまいがちな時短営業時の飲酒は体に良くないと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました