新型コロナウイルスのワクチン接種が始まればコロナ禍は終息に向かうと思っていたが違っていたようだ

新型コロナウイルス第三波 日記

新型コロナウイルスワクチン接種新型コロナウイルスの変異株による感染拡大が続いています。

ワクチン接種が始まる前に思っていたことは、ワクチン接種が始まれば次第にコロナ禍は終息に向かうだろうと。

実際にワクチン接種先進国では2回目の摂取が終わりマスクを付けないでコロナ禍以前の様な生活を送っている映像がニュースやネットで流れていて、早く追い付きたいなと思いながら見ていました。

そういったワクチン接種先進国でも、感染が拡大していると報じられていてワクチンを2回接種した人も感染しているとも。

日本もそうですが、3回目のワクチン接種が当たり前になりつつある。

重症化の原因になる新型コロナウイルスが人の細胞に入り込む際に引っ掛けて固定するスパイクと呼ばれる部分に対してのワクチンなので重症化は抑制し、感染率は下がるけれど感染はしてしまうかもしれないと言われていました。

ワクチン接種を2回受けた人が重症化しているのか?していないのか?がスパイク部分に対するワクチンが効いているのか?いないのか?という判断材料になるので重要な情報だと思います。

日本でも実際にワクチン接種が始まり職域接種綾や大規模接種会場での接種をしてワクチン接種を加速していますが感染が急拡大していて予想と違った結果になっています。

変異株に効果が下がるとさえ言われていてワクチン神話が崩れてきています。

現在流通しているワクチンよりも効果のあるワクチンや特効薬が開発されないとコロナ禍の終息は見えないんじゃないかなと思う今日この頃。

早くコロナ禍が終息する事を願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました