新しいノートPCが欲しくなってきた

Miix-310の画像 PC・タブレット本体

現在、メインで使用しているIdeapad Miix 310を購入して14カ月が経過しました。
大きな不満点は無いのですが、最近新しいノートPCかモバイルPCが欲しいという欲望が湧いてきて制御に困っています。

老眼で小さなモニターだと厳しいという現実もあります。
欲望が湧いて来ると、気になるジャンルに対してのアンテナが敏感になり幾つかの機種が候補に挙がってきました。

広告

LG gram の17インチ

1番目に気になるのはが『LG gram』の17インチモデル。

スリムベゼルで17インチ液晶、2560×1600という高解像度とバッテリーがカタログ値で22時間持つという優れもの。

CPUが第8世代Core™ i5-8265UでSSDが256GBのモデルと第8世代Core™ i7-8565UでSSDが512GBの2モデルがあり、どちらもメモリーが8GBと充分な容量で最大16GBまで増設することが可能。

USB3.0端子が3つ、USB 3.0の8倍もの高速データを転送に対応したThunderbolt端子も1つ装備。

見た目の特徴は、ベゼルが狭いので大きさは15,6インチ相当なのに17インチというところ。
お値段はエントリーモデルで税込み20万円弱と、衝動買い出来る値段ではありません。

HUAWEI MateBook 13

2番目に気になるのが、コストパフォーマンスに優れているHUAWEI MateBook 13

この機種もまた、第8世代のCore i5-8265U プロセッサー (1.6 GHz, 最大3.9 GHz)でSSDが256GBのモデルとCore i7-8565U プロセッサー (1.8 GHz, 最大4.6 GHz)でSSDが512GBの2モデルがあります。SSDがPCIE接続なのでWindowsのやアプリの起動が超が付くほど高速です。どちらもメモリーが8GBと充分な容量。

解像度2160 x 1440 (200 PPI)で、画面比率は3:2。フルHD(1920X1080)と比較して縦方向に広い印象を受けます。

本体に装備されているインターフェースコネクタは、USB-Cタイプが左右に一ずつ。トータルで2つしかありませんが、HUAWEI MateDock 2というUSBハブをマルチ対応にしたものがついてきます。これを使うとVGA、USB-A、追加のUSB-C、そしてEthernet端子が追加されます。

2つあるUSBーCコネクタのうち左側は充電も兼用しています。

お値段はCore i5モデルが税抜10万円くらい、Core i7モデルが13万円くらい。

office搭載モデルもあります。

追記
結局、2番目に欲しかったHUAWEI MateBook 13のCore i5モデル(office搭載モデル)税抜10万円くらいで購入しました。PCIE接続のSSDでWindowsの起動が超が付くほど高速。動作にもたつきが無く良い買い物をしたと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました